見付学校は、何度訪れても楽しいところ、ボクたちも大満足でした!


太田川を渡って、食事処なぐらを過ぎると静かな旧道に入ります。
そこは山陰になっていて風が通らなかったので、沿道に腰を下ろして
休憩しました。大人たちが休んでいる間、佐武だけが元気に飛び回って
いて、撮った写真がこの一枚。きっとカメラを地面に置いて、セルフタイマー
で撮ったものと思われますが、そのアングルの良さはパパでも敵いません。


休憩中にボクたちは見たことの無い変な鳥を発見。後でパパが調べてくれたら、
この鳥は
ケリという千鳥の仲間、東海から近畿に多い留鳥なんだよ。全国に
居るらしいけどボクたちの町では見たこと無いね。とっても警戒心が強い鳥
らしいけど、うまく写真撮れたね。ミミズやカエルを餌にしてる鳥だけど、この辺に
住み着いているということは、農薬の無い綺麗な田圃がいっぱい有るんだね。
14時37分

 

休憩が終わると、いよいよボクには辛い坂道だ~。今日もママが初めてなので
パパは江戸の道を選びました。そこが一番急坂じゃん。たまには
大正の道
行こうよ。最初のY字路を右へ行くのが大正の道で、自販機の下に道標があるよ。
14時46分


少し登ってゆくと、この分かれ道だよ。そのまま車道を真っ直ぐ行くのが明治の道で
ここで左に直角に折れ、急坂を登るのが
江戸の道なんだ。ボクは明治が好きって
言ったのにパパは無視して江戸の坂へ行ってしまいました。しかたないなぁ。
14時48分


急坂を登り切ると鎌倉の道が合流してきます。ここにはこれら坂道の案内板が
あるから見てください。でも江戸から来た人のために、下にもあるといいよね。
14時51分


案内板からは平らな道になったので助かりました。すこし進むと、右から
明治の道が合流してくるよ。やっぱりこっちのほうが緩い坂だったよ。
でも大正の道と分かれてから10分も掛からないから、たいした坂じゃないよ。
14時54分
 
平らな道を進むと、左に服部病院がある信号機の無い交差点は、車の往来が
激しいから、横断には注意してね。その先は下り坂になって、
安久路川まで降ります。
佐武はとっても元気で、歌を歌いながらドンドン先に行っちゃうので、パパが心配してるよ。
15時04分


坂を下りきったところにあるのが、県立磐田学園だよ。18歳未満の知的障害のある子どもが
入って生活をしてます。現在は20名の小学生が隣にある特別支援学校磐田分校に通って
頑張っているんだよ。ボクたちみたいに日本中を歩いて旅できる小学生はしあわせなのかなぁ。
道は、学校を過ぎると登り坂になりました。松並木も出てきてながめの良いコースです。
15時12分


坂の上から見えたのはジュビロ磐田のホームグランド、ヤマハスタジアムだよ。
磐田学園の先を左折して650mのところにあるよ。20年前にパパが歩いたとき、
この辺でおじいさんやおばあさんが長い竿をもって、この道を行くのでなんだろうと思い
聞いてみたら、「サッカーの応援に決まってるべ」と言われたんだって、長い竿は、
応援旗だったんだ。関東ではサッカーは当時若い人しか観に行かなかったけど、
さすが静岡は違うなぁって感心したんだって。今日は試合が無いのか静かです。
15時13分


坂を登りきると国道1号線に出るよ。次は国道の右へと入ってゆくから
この横断歩道橋で北側に渡ってください。上から振り返ると、右に登って
来た道が見えるでしょう。遠くのビルは磐田グランドホテルで、遠く掛川
からもずっと見えていたけど、とうとうその先まで来ました。
15時15分


歩道橋の上から反対方向を見ると、これから進む旧道の分岐が良く分かります。
ここで国道と分かれて見付の街へと入って行きます。ボクは足が痛くなってきて
歩道橋の階段を登るのが辛くなって来ました。でももう15.5kmも歩いて
来れたんだ。
あと3.5kmだよってパパが励ましてくれました。
15時16分


歩道橋を降りるとすぐに、遠州鈴ヶ森がありました。鈴ヶ森って鮫洲の先にあった
刑場と同じ名前だけど、ここも刑場跡なのかなぁ。パパがその通り、ここも刑場跡で
今では、心霊スポットとして有名なんだよって、教えてくれました。良かった昼間で
夕方が近くなったら何となく不気味で近寄りたくないもんね。早く行こうよ。
前の階段はとても急で、登った佐武も手すりにつかまって、なんとか降りれました。
15時17分

     

ちょっと進んで旧道へ入ろうとしたら、左手前方にマック発見。急にお腹が空いて
来たので、おねだりしました。パパ「早く言ってよ。折角歩道橋渡ったのに、国道の
南側だからまた渡らなければ駄目じゃん」と言って、みんなでまた歩道橋を渡り
マックドナルドでトイレ休憩とおやつにしました。30分程休んで、また歩道橋を
渡り旧道に戻るよ。すこし元気が出てきたよ。その角にあったのは、
三本松御旅所
御旅所と言うのは神輿が休憩するところなんだ。パパが甲州街道府中の
大國魂神社の御旅所は、一等地にあって大きいぞって教えてくれました。
その先には石灯籠タイプの
秋葉常夜灯がありました。
15時52分


常夜灯を過ぎると、前の道が見えなくなったよ。ここから急な下り坂だ~。
下りきると、見付宿
木戸跡の碑が建ってました。昔はここからが見付宿で
ここに木戸があって、番小屋もあったんだろうね。夜は入れなかったんだよね。
15時55分


パパは何回来ても、このアングルで撮っちゃうって嘆いています。ここが木戸跡です。
ここで県道と合流し、見付宿に入ってゆくよ。その県道には木戸もどきがあって
雰囲気出してるけど、こっちに付けて欲しかったなぁ。階段の上には
愛宕神社
稲荷神社・観音堂が有るけど、ボクには登って観に行く元気がありません。
15時55分

     

道は急に洒落た歩道に変わったよ。愛宕橋の欄干も洒落ているでしょう。案内板には
見付学校まで0.5kmだって。あれっ後ろに0.2kmで
阿多古山一里塚跡だって、
200m後ろってことは愛宕神社があるところだ。あそこに一里塚跡があったんだね。
元気なみなさんは登って観てください。歩道にプレートもあります。
裁判小路って書いて
あるぞ。ここの路地を入ったところに明治の中頃にできた浜松始審裁判所見付出張所が
有ったって書いてあります。今は住宅地で何もありませんだって。こんなプレートが
たくさんあるから、下を向いて歩きましょう。
15時58分

 
ここでクイズだよ。この3つの建物が何だか当ててください。一つだけ歴史に関係する
建物があります。みんな昔風で綺麗だからボクたちには良く分かりませんでした。
答えは、建物の上にカーソルを置いてください。
16時02分

 
 

今日、一番楽しみだったのはこの見付学校だよ。この学校は、日本で一番古い
木造擬洋風小学校校舎なんだ。松本にある開智学校は開校は1年早いけど、校舎は
こっちのほうが早く建てたので古いんだよ。明治8年に出来たんだ。
詳しいことは観光協会のサイトにパンフレットがあるから読んでみてください。
パパが前回来たときも改修中で足場があって美しい校舎が良く見えなかったって
言ってたけど、今回も4階5階は足場があって、ちょっと残念です。
16時05分

 

中は当時のままで、校長先生も居ました。右下は磐田文庫で学校より古く幕末に
出来て、近所の人も見れる図書館だったんだ。見付は教育が進んでいたんだね。

 
 
当時の生徒に混ざって現役4年生の佐武も、一緒に授業を受けています。

 
二階には、当時のおもちゃや、そろばん何かが展示してあります。

 

床の板目が斜めになっているところが洒落ているとパパは写真を
撮っています。ここを何十年も子供たちが歩いたんだと、パパは感激してました。
16時25分

開館は9時から16時30分だから注意してね!

 

左は、旧見付宿脇本陣大三河屋門だよ。この門は、2本の本柱上に冠木を渡し、
その上に梁と切妻屋根を載せた薬医門の形をした門なんだよ。昔は別の家に移築されて使わ
れていたんだけど、平成17年に寄贈され、ここに移築して復元したんだ。右は
西坂の梅塚だよ。
16時27分


見付宿の宿場通りを進んでくると、この交差点に来ます。直進の道が急に
狭くなっているから分かります。東海道はここで左折して磐田駅方向へ向かい
ます。真っ直ぐ進むのは
姫街道だよ。ボクたちも姫街道を歩くけど、
本坂越し入口から入ることにしました。入口は色々有ったみたいだね。
16時33分


入口にはこれより姫街道って案内板があるから、ここから入る人は良く分かります。
ボクたちは、天竜川を渡るまで東海道を行くので左折して
加茂川橋を渡ります。
16時35分


姫街道分岐から駅前の右折まで1600mもあるので、足が痛くなったボクには
辛い道です。しかも登り坂なので勘弁してください。パパとママと佐武は元気で、
変なもの見つけて喜んでいました。左は半分に
ちょん切れたお家。真ん中は
見付学校にそっくりな
公衆トイレ。右は府八幡宮の鳥居だよ。ここで左に入ると
遠江国国分寺跡があるから観に行かないとパパは言うのですがもう限界だ~。
16時45分


やっと磐田駅前の右折ポイントに着きました。両側とも大きなビルで、その先の
信号のある交差点が東海道右折ポイントです。
16時58分


このジュビロ磐田のマスコット、ジュビィちゃんが右折ポイントの目印です。
今夜はホテル泊まりなので、夜もジュビィちゃんに会いに来ました。
右折して240mの
磐田パークホテルが、今日の宿&ゴールだよ。
本当に19kmは長いね~。あ~疲れた。
17時02分


表紙のページへ 前のページへ 次のページへ このページの地図へ