掛川の街は、東海道を意識したデザインを広げようとしてます!


第23日目 2013年2月10日

平均気温4.8℃ 最高気温9.6℃ 最低気温-0.1℃ 平均湿度% 最大瞬間風速15.0m/s 降水量0.0mm 日照時間10.1時間
気象庁電子閲覧室より引用

2月9~11日は3連休、天気予報の良い10~11日を選んで出発。朝4時に川崎市を
出発し、東名磐田インターで降り、予約した磐田のホテルに車を止めて、東海道線で
掛川へ戻ります。掛川の出発点に立ったのは7時49分、予定より1時間も早く,
出発することができました。


駅前の連雀西を出発し、次の交差点「中町」の角にあった
清水銀行は、ご覧の通り
とても素敵な建物だよ。左後ろには
掛川城の天守も見えるでしょ。火の見櫓も瓦屋根
で江戸時代を意志した町並みが続きます。1日ゆっくり街を探検したら面白そうです。
7時51分


朝4時に出発し、車の中では、ず~っと寝てきたので、ボクたちはまだ朝食食べて無いんだ。
ママがiPhoneのアプリでマックを探してくれました。
十王の交差点を南に230m入ると
マックがあります。さっそく朝食で大満足。この辺の歩道にはタイルを替えて十王って
書いてあるから探してね。パパは街道沿いにあった
キネマ食堂が気になりました。
しかし、時間が早くまだ開店してません。面白そうな食堂です。
8時00分
~40分

 
街道が右へとカーブになると、十九首塚の標識が現れるよ。どこかなと言っているうちに
通り過ぎてしまいました。写真中の路地を覗いたけど、狭くて入れそうもなかったので
パパは、昔を思い出し、もっと先もっと先といっているうちに国道に出てしまいました。
きっと写真中を右に入るのが正解でしょう。どんなところかは、昔の写真を見てね。
8時45分


国道1号線を「二瀬川」から570m歩き、倉真川を大池橋で渡ったら
すぐ左折しましょう。そこには大池橋と秋葉街道の案内板が立ってます。
この国道の大池橋交差点は、真っ直ぐ進むのが国道ですが、昔は
無かったんだ。右斜めへ行く道が
秋葉街道で、国道の場所に青銅の
鳥居があって、その両側に常夜燈もあったんだ。ここから35km行くと
秋葉山があって、昔は東海道と同じように賑わったんだよ。
8時56分


国道を左折して、正面にこんな電車が見えたら正解だよ。この電車は、天竜浜名湖鉄道で
左側が西掛川駅だよ。右へ電車が進むと、浜名湖の北をぐるっと回って東海道線の新所原駅
まで行っているんだ。ボクたちも西鹿島から三ケ日でお世話になる予定です。良く見ると
電車にはパンタグラフも架線も無いからディーゼル気動車なんだね。電車じゃ無いじゃん。
9時01分


右側に宗心寺、左側に蓮祐寺があります。そこには大池一里塚跡があったよ。
この標柱、箱根から続いているけど、まだまだ静岡県なんだよ。宗心寺前が
日本橋から235km、随分歩いて来ました。
9時12分


左から逆川の土手が迫ってくると小さな松並木が現れました。この辺りは
旧道の面影がある良い道だよ。その先には、
曽我鶴萩の蔵酒造の煙突が
見えます。パパは20年前と変わらない風景と喜んでいました。
9時22分


旧道が終わると目の前に高速道路みたいなのが現れたよ。ここは国道1号線の
掛川バイパスの
沢田インターで、街道は一直線でしたが、トンネルをくぐって、
左に曲がり、さらに斜め右へと向います。街道歩きに慣れてくると、感でどっちへ
進んだら良いか分かるようになるよね。再び旧道に入るとすぐ面白いものを
見つけたよ。ビールなんかのアルミ缶を切って曲げて針金でフレーム付けて
風車にしているんだ。この日は風が強かったので
くるくるカラカラ回っていたよ。
あまり風が強く寒かったので、
綱川公会堂の軒先を借りて休憩です。
9時25分

 

東名高速をくぐると、垂木川の土手を歩きましょう。そこにはがあって、綺麗に咲いてたよ。
9時45分


ここも昔とまったく変わらない風景だとパパが言ったのは、
垂木川に架かる
善光寺橋だよ。橋を渡ると右側にあるのが、仲道寺と善光寺だよ。ここでも
休憩して行きます。風を遮っている森があるので、暖かく気持ちがいいよ。
9時46分


享保十八年(1733)に市内高御所の正法寺から和尚を招き、善光寺境内に堂を
建立して、夏涼山仲道寺と号したことに始まるのが、
仲道寺だよ。街道沿いの
石柱には東海道之眞中と彫られているよ。つまり東海道の真ん中に立っている
お寺なんだ。ここはまだ掛川市だけど、宿場のど真ん中の袋井と競い合ってるね。
9時50分

 

仲道寺の先は、両側に田んぼが広がる風の通り道を進みます。すぐ右には
椎の木茶屋という割烹料理屋さんがあります。予約が必要みたいなので
お昼ごはんを食べたい人はホームページを確認してください。松並木を
抜けると
金西寺だよ。本尊は薬師瑠璃光如来で、昔三ッ池の畔で草刈を
していると呼ぶ声が聞こえ、探してみると泥に埋もれた金佛様が出てき
たんだって。その仏様を祀ったのがこのお寺だよ。境内の隅には13体の
大日如来像みたいな仏様が並んでいたよ。またこのお寺の周りは
原川間の宿で、薬師餅を売る茶屋があって賑わったんだよ。
10時03分


旧東海道は、原川で国道の袋井バイパスと原野谷川にぶつかります。
どうやって進むといいのか、詳しい案内板があるから、従って行くと安全でした。
掛川市が作った案内板だけど、凄っくGOOD!です。新しい道や橋が街道を
遮ると、どうやって向こうの旧道へ進んでよいかわからない場合が多いけど、
この掛川市の親切には感謝します。原野谷川を渡ると袋井市に入るよ。
10時14分


表紙のページへ 前のページへ 次のページへ このページの地図へ