迷路のような城下町を迷わず抜けるとグルメが待ってます!

第19日目 2012年1月6日

平均気温5.0℃ 最高気温10.8℃ 最低気温-0.3℃ 平均湿度48% 風速1.5m/s 降水量0.0mm 日照時間9.3時間
気象庁電子閲覧室より引用

 
 
今回の日程は、車で静岡まで行って、駅前の駐車場に止めて出発だよ。
そのまま歩いて岡部の旅館に泊まり、次の日も旅館から歩いて島田市の
六合駅でゴール。東海道線で静岡まで戻って、車に乗って帰るんだ。
この写真は、行くときに休んだ
富士川サービスエリアから見た朝の富士山、
この一瞬だけ雲が取れて良い写真が撮れたんだ。今日も良い天気です。
7時25分

   

8ヶ月ぶりに新静岡駅前に戻ってきたよ。109の前をそのまま進めば
江川町交差点
ここは五差路になっていて、横断歩道がなく地下道で道路を渡るよ。でも注意しないと
出口を間違えて、まったく違う方向へ進んでしまうから間違えないでね。右の写真の
向こう側にある
静岡銀行の前に出れば正解です。
9時20分出発

 

江川町から140m行くと
呉服町というスクランブル交差点があるから、ここで右折だよ。
曲るとこんなアーケード街になるよ。パパは伊勢崎町みたいだよ感激してました。
9時27分

 

呉服町から300m進むと左手前方に伊勢丹(写真左)が現れます。東海道はここで左折
だけど、ボクたちは
駿府城跡へ行ってみることにしました。この交差点を東海道とは
反対の右へ進むと、県庁に突き当たるよ。そこを左に廻り込むと駿府城のお堀に出ます。
巽櫓と東御門はここから右へ330m行ったところにあるんだけど、ボクたちの負担に
ならないようにとパパは、お堀見学ですぐ引き返しました。
9時30分


伊勢丹に戻ると、角にあったのが札之辻址です。札之辻というのは、昔ここが高札場だった
からなんだ。このあたりには商家が11軒あって賑わっていたんだよ。今ボクたちが進んで
きた通りが
呉服町通りで、ここで左折して七間通りを進むのが近世の東海道なんだ。
9時45分

   
 
七間通りもきれいなタイルの歩道で歩いて楽しい通りです。でもなんか変な植え込みを発見。
きれいなタイルの上が
鳥の糞だらけ、上の木を見ても鳥は全然いないけど、きっと夜になると
帰ってきてこの木で眠るんだね。他の木の下には無くてここだけだから不思議だよ。
でも前のお店の人は困っちゃうだろうな。その先にはショーケースに入った古いカメラみたいな
ものがありました。どうやら16mmの
映画用カメラみたいです。映画産業が盛んだったのかなぁ。
9時51分

 
 400m進んでクチーナの角を右折だよ。
 
 200m進んで疋野商店を左折だよ。

古地図をみると、緑の線が東海道なんだけど、どこを通っても良さそうな町並みです。
きっと昔の旅人も、好きな商店によって買い物なんかして好きな路地を歩いていたんだろうね。
ボクたちは、一応近世の東海道を歩いて、府中の町を抜けました。
9時57分

 
 
疋野商店の向かいには
洛柿舎というお店があって、ショーウインドウは竜の人形で
いっぱい。今年は辰年なので干支の人形を売っているんだね。800円から18000円
までいろいろあって楽しいよ。銅でできた800円のが欲しかったけど、今日のお小遣いは
1000円なので、先に期待しましょう。もっと良いものがあるかも知れないんだ。
9時57分


疋野商店を左折すると新通りだよ。もう曲らないで安倍川まで1400m一直線です。
15分程進むと右側に
たい焼き屋さんがありました。ボクはとっても食べたかったので
買ってもらったよ。平次兄貴は、ダイエットを意識しているのかいらないって。
10時13分

     

大きな県道に突き当たり、そのまま渡ると
弥勒交番前です。ここには川会所跡で、案内板が
立っているよ。面白いから読んでみましょう。その裏は弥勒緑地でトイレもある公園だよ。
ボクたちはパパと
シーソーをして遊びました。公園のはずれには明治天皇後小休所跡があるよ。
10時19分~29分

 
    安部川の川会所跡

  江戸時代、東海道で架橋を禁じられていた川に安部川や大井川などがある。
 東海道を往来する旅人は川越人夫に渡してもわらなければならなかった。
  川越人夫による渡しでは、小型川越えの興津川、中型川越えの安部川、大
 型川越えの大井川などが、いずれも代表的な存在であった。この川越人夫が
 人や荷物を渡すのを監督する所が川会所であった。
  安部川にも両岸に川会所があった。ここには、毎日川役人が勤務して川越
 人夫を指示したり、川越え賃銭の取扱いをするほか、町奉行所からも川場係
 の同心二人が毎日出張して警備監督に当たっていた。
  この川会所は、間口六間、奥行四間半であり、五人位の裃を着た役人が詰
 めていたといわれている。
  ちなみに、安部川の川越え賃は、脇下から乳通りまでは一人六十四文、へ
 そ上は五十五文、へそまでは四十八文、へそ下は四十六文、股までは二十八
 文、股下は十八文、ひざ下は十六文であったといわれている。
    
          昭和六十年一月             静岡市

 



グルメの旅東海道なので、こういうお店が最高ってママは言ってます。
ここが安倍川餅で有名な
石部屋だよ。文化元年創業ってことは1804年
だから、208年もやっているんだね。早速中へ入ってみましょう。
10時31分

   
 

中はこざっぱりしたした造りで、パパが初めて来た、1987年9月29日とまったく変わって
いないって驚いていました。そのときが創業183年だから、25年間も街道歩いている
パパも凄いと思いました。お餅は黄粉と餡子の安倍川餅と、ワサビで食べるからみもちを
食べました。どっちもすごく美味しいお餅だよ。黄粉餅はパパが写真撮っている間に
ボクたちがみんな食べてしまいました。前に来たときにスタンプ台の蓋を閉め忘れ
怒られたってパパが言ってたけど、その話をしたら優しいおじちゃんがスタンプなら
今もあるよって、出してきてくれました。今度はボクが自分の子供と来なって!
10時48分

   
 
 
      安部川の義夫の碑
  
  この碑は、正直な川越人夫の顕彰碑である。
  元文三年(1738)初秋の頃、紀州の漁夫が仲間と貯めた金百五十両の大金を持って、
 安部川を渡ろうと川越人夫を頼んだが、渡し賃が高いため、自分で川を渡った。しかし
 着物を脱ぐ際に、大切な財布を落としてしまったのである。たまたま、その近くにいた人
 夫の一人(川原町彦右衛門の息子の喜兵衛)が財布を拾い旅人のあとを追い、宇津ノ谷
 峠で引き返してくる旅人に出会って財布を渡した。旅人は喜んで礼金を払おうとしたが、
 「拾ったものを落とし主に返すのは当たり前の事だ」といって、喜兵衛はどうしても受け
 取らないので、駿府町奉行所に礼金を届けた。そこで、町奉行が喜兵衛を呼び出し、礼
 金を渡そうとしたが受け取らないので、その金を旅人に返し、代わりに奉行所からほうび
 の金を喜兵衛に渡したのである。
  昭和四年(1929)、和歌山県と静岡県の学童や有志の人々の募金によって、安部川橋
 の近くのこの地に碑が建てられたのである。

  碑文  難に臨まずんば忠臣の志を知らず。
       財に臨まずんば義士の心を知らず・

        昭和六十年一月                     静岡市


石部屋と安部川の間には、義夫の碑があるよ。川越人夫といえば、背負っていて
途中でお客を落すと脅かす悪い人夫ばかりかと思っていたけど、ここには喜兵衛
みたいないい人もいるんだね。現代はボーストリングトラス橋の
安倍川橋
楽に渡れるね。この橋は、大正十二年にイギリスから輸入した鋼材でできた橋で、
89歳になるんだよ。富士川橋より1つお兄さんなんだ。
10時49分


490.8mの橋を渡って振り返ったら富士山がくっきり見えました。ここから富士山まで
56kmもあるんだ。富士山を追い越してずいぶん遠くに来たもんだね。
10時59分


橋を渡り終えたら真っ直ぐ、手越原の交差点に向かうよ。その手前にあったのが
武器屋とボクたちが呼んでいる金物店。なぜ武器屋かというと、ピッケルのような
武器や鎌やのこぎりを売っているから、ドラクエの武器屋みたいなんだ。
手越原交差点は直進して、次の
佐渡交差点を左折しましょう。
11時27分

 
 
旧道に入ってすぐ右に現れたのは、子授地蔵尊だよ。子供に恵まれない人が
地蔵様を借りて、自宅でお祈りをすると子供を授かるだよ、そしてお礼に新しい
お地蔵様を一体このお堂に納めるんだって。だから中はお地蔵様でいっぱいだよ。
11時30分

   
 
この辺は、道端でみかんを売っている場所がたくさんあるんだ。ボクたちも一袋50円の
みかんを買って、このお堂の縁側で食べました。50円でも小さなみかんが10個も入って
いるんだよ。100円のを買ったら休憩時間に食べ切れません。ママは子授地蔵の縁側に
座ったから赤ちゃん生まれちゃうかなと言いました。ボクたちは妹が欲しいです。
すぐ先には、
佐渡(さわたり)の手児万葉歌碑があるよ。

さわたりの てごにい行き逢ひ赤駒が あがきを速み こと問はず来ぬ
佐渡に住む美しい少女と道で行きあったが、私の乗っている
赤馬の足が速いのでろくに言葉も交さずに来てしまった。


この歌は、万葉集に載っている歌で、佐渡の地名が入っているんだ。でも都市計画で
佐渡は丸子1丁目になってしまい、地名が消えてしまったのを嘆き、土地の人が
この碑を建てて、永久に佐渡の地名を残そうとしたものなんだ。
11時34分

   
 
セブンイレブンのところで、道は右にカーブしてゆくけど、そこの交番の掲示板を
パパは見ていたよ。2011年の大晦日に自首してきた平田容疑者の写真のところに
逮捕ご協力ありがとうございましたってシールが張ってありました。その先には
しずてつストアがあります。この辺からちょくちょく出てくるスーパーだよ。ここの
トイレは外にあってきれいなんだ。ちょっと貸してもらいました。ありがとう!
11時45分


表紙のページへ 前のページへ 次のページへ このページの地図へ