養老坂を下ると眼下に犀川が横たわり、ここ熊倉の渡しを通って塩の道は
進みます。橋が架けられた時期もありましたが、川幅が狭く流速もあったこと
から昭和30年代まで渡し舟が通っていた千国街道最大の渡し場でした。



 熊倉の渡し

 
この渡し場は松本藩の成相組(二十ヶ村)長尾組(十六ヶ村)保高組(十四ヶ村)
 松川組(十六ヶ村)大町組(五十四ヶ村)等を結ぶ天下の公道であり手形を持った
 旅人の往来はげしく当時は松本藩の重要な交通の要衝の地であった。
 今から三百余年の昔貞享三丙寅年(1686年)十月十日(太陰暦以下同じ)に端を
 発した貞享騒動で過酷な年貢に苦しむ農民を救おうとした同志の頭領「多田加助
 が、その子弟諸共捕縛され十一月十六日拂暁投獄の身となり朝もやの立ちこめ
 るこの犀川を渡り対岸の番所と夫婦別れ石を経て松本領に護送された。この数日
 後の十一月二十二日出川と勢高の両刑場に於て磔刑八人、獄門二十人、総勢二
 十八人が極刑に処せられて事変は終焉した。
 加助は十字架の上から城をにらみつけて「二斗五升」と絶叫しつつ最后の息絶え
 たと語り伝えられている。この度遺跡公園の建設に当たり、史実に残る百姓一揆
 の一端を記し義民の最後を悼み末永く義挙を後世に語り伝えようとするものである。
            平成三年四月                              熊倉遺跡保存会



穂高のそばに宿を取った我々は、穂高駅から豊科に列車で向かい、そこからタクシーを
使ってこの熊倉へやってきました。この場所には立派な石碑もあり、そこには大きな文字で
熊倉の渡し跡と刻まれていますが、地元出身のタクシー運転手にもこの場所が分からず
地図とにらめっこしたり、通りがかりの方に聞いたりしながらやっとたどり着きました。
確かに今でも小字名は熊倉ですが、運転手さんには
高家の仏法寺を目指して貰いましょう。


街道を進み、渡し場を振り返って見ると、犀川の向こうに養老峠が望めました。
加助の伝説ばかりではなく、この風景にはどのような人々の思いが刻み込まれて
いるのでしょうか。


渡し場から170mで突き当たりになり、これを右へと進むのが千国街道ですが
その正面に
鶴尾山仏法寺があります。ここには百体観音という名所があるので
旅の始めにお参りしてゆきましょう。天保四年の建立というので、あの加助の時代
よりかなり新しいものとなりますが、その壮大なプロジェクトには脱帽です。


仏法寺の創建は不明ですが、ご本尊の阿弥陀如来像は室町時代末期の作と言うから
かなり古い寺といえます。本堂は平成三年に再建された新しいものですが、当時もこの
向きに建てられていたと思われ、それは渡し場に向かっていることから、室町時代にも
千国街道があったのでしょうか。人がいる限り道はできるはず。きっとあったのでしょう。


それでは渡し場・仏法寺と別れ千国街道を進むことにいたしましょう。ここから成相新田
(豊科)
までは約3.8km我々の足で1時間といったところ、街道は殆ど一本道で
迷うことはありません。展望の良い田舎道を楽しみながら進んで下さい。最初に現れたのは
何かを小川で洗うご婦人たち、気になったので早速聞きに行きます。洗っていたのは

野沢菜
でした。この季節、これから何度も野沢菜を洗う風景と出会うことになるのですが、
やはりこの小川での風景が一番素敵でした。


右側に民家が増えてきたなと感じてきたら、
千利という手打ちそば処がありました。
民家がそのまま店舗になったような造りの蕎麦屋さん、タイミングが合わず試食は断念。
左に
道祖神を見て進むと、その先に千利の看板のある小さな交差点に出ます。
ここでも千国街道は真っ直ぐ進みましょう。右へ行くと、
アルプス団地という住宅地です。


左側に小さな熊倉簡易郵便局が現れると長野自動車道が街道に迫ります。
本来の千国街道は、ここも真っ直ぐ進むのですが、
長野自動車道に分断されて
しまったので、高速に沿って信号機のある交差点へ向かいましょう。


その交差点には
大正町跡という石碑がポツンと立っていました。説明に有るように
この界隈は昭和30年代までは賑やかな街並みだったらしいのですが、今は
ご覧の通り畑や農家が点在する寂しいところになってしまいました。
製糸工場
といえば群馬の富岡や長野の岡谷を思い浮かべますが、当時は国策として
各地に作られました。その一つがここの製糸工場だったのでしょう。
一つの町が時代の流れとともに消えて行ったのは、この景色からは想像できません。


交差点では、長野自動車道の下をくぐって進みます。ガード下を抜けたら、道路標識に
豊科市街と書かれている方向へと進みましょう。進み方はクランクになりましたが地図上
では真っ直ぐです。この場所から260m右へ行ったところが長野自動車道の豊科
インターで、その出口付近にはこの辺りとまったく違う街並みがあり、こののどかな
千国街道は夢のようです。


刈り取りの終わった田にポツリと残されたトラクターが郷愁を誘います。
メリーガーデン安曇野を左に見て、その先は左の展望が開けます。


平林建設を過ぎると両側に田園風景が広がります。やがて現れる大きな道路との
交差点が
寺所南です。この大きな通りは北へ行くと豊科インター西へ、南へ下ると
上鳥羽を経て梓橋へと抜ける主要道路です。交差点には店舗も無く左にトラックの
基地があるのみの閑散とした場所です。街道はそのまま真っ直ぐ交差点を
渡って行きます。右に
サントピア豊科という保健センターが現れます。


次の大きな交差点が吉野北。この角から始まる大きな工場はニチコン長野工場です。
ニチコンは関西二井製作所 として京都に始まった電解コンデンサを製作する会社です。
現在では東証1部上場の大企業で、この長野工場は昭和37年操業と古い工場です。
しかし現在は綺麗な建物が並ぶ近代的で美しい外観をした工場となっていました。


ニチコン長野工場の敷地が終わる場所で、道はY字路となり分かれてゆきます。
その真ん中には
「青雲」小林章作と書かれた彫刻が道案内をしてくれます。
また足元には2羽の白鳥が美しい
豊科のマンホールがありました。
ここで千国街道は右手の細いほうの道路へと入って行きます。


分岐を入ってすぐの左側には八坂神社がありました。ここの社殿は両側に社務所の
ような建屋を従えた横広がりの珍しい建築です。入口からは拝殿まで見渡せ、
思わず旅の安全を祈願したところです。


神社を抜けた交差点を直進するのですが、ここで右に寄り道すると100mの場所に
豊科郷土博物館があります。豊科に関する自然・文化・歴史・民俗の展示がされており
入場料100円で豊科について学習できます。交差点の先には左側に
安曇野市豊科総合支所
その向かいには
豊興山一乗寺があり、少し進むと国道147号線に突き当たり、
成相新田こと豊科の町の中へと入ってゆきます。