赤木下の宮を過ぎると寿台住宅まで曲がり角の連続となります。
この詳細地図と写真を見比べながら、コースを辿ってください。
おそらく昔は、このようなクランク状の道ではなく、下の宮から砦橋まで
一直線に向かっていたと思われますが、耕地の区画整理により
このようなルートとなってしまったのでしょう。


赤木下の宮本殿から右へと境内を進むと、入口から右側を平行に進む
五千石街道に出られます。そのまま行くと
A地点で、ここでは道は右へと
登り気味に進みそうですが、左へ下る道を進んで下さい。


B地点(写真左)には何も目印となるものはありませんが、最初に右折できる角です。
C地点(写真右)へはBから110mあり、ちょっと不安になりますが、ここも矢印に沿って
曲がります。ここまで来ると、最初(A)で迷った道が右へと遠ざかってゆくのが分かります。


突き当たり、D地点には立派な洋風の家が道を塞ぐように建っています。
ここは、少し太い道とのT字路になっていますので右へ曲がり、20mで
再び
左へと(写真右)細い道に入ってゆきましょう。


右には高ボッチ、前鉢伏山に続き、美ヶ原の高原が見え、左は北アルプスと
絶好の展望コースが続きます。まだ田植えをしていない田圃には、それらの
山々が映り旅人を楽しませます。向こうの森が
砦跡での手前が砦橋です。


砦橋で小川を渡ります。この橋を渡った一帯が少し高くなっており、
そこに砦がありました。この橋はその入口に架けられていた橋で、
この川も堀の一部として利用していたのでしょうか。

砦橋の上から西を望むと、北アルプスの峰々が望めます。左端に見える峰が
前穂高と奥穂高、真ん中にどっしりとそびえるのが大滝山、その稜線右奥が
蝶ヶ岳です。その右にちょっと顔を出したのは、何と
槍ヶ岳ではないですか。
この辺りから槍ヶ岳が見えるとは思っていなかったので感激しました。右に
その拡大写真を載せてみました。確かに槍の穂先が確認できます。
本当に山好きな我々には最高の街道歩きとなった五千石街道です。

橋を渡ると右側は三杉庭苑の敷地となり、そこに小笠原の出城砦跡の案内板が
ありました。右に連なる低い石垣の敷地も出城の一部と思われ、この一帯全てが
砦だったことが分かります。その石垣が切れると三方向へ分水する
(写真中)があり
ここ
E地点で街道は右へと(写真右)曲がって、更に左と枡形のように進んでゆきます。


枡形の先には土手があり、登ってみると大きな池になっていました。この池も
この付近に多い
灌漑用のため池と思われます。畔には柳もあり、雲を映し
美しい風景を作っています。左奥のほうには今までとは違う風景が広がっています。
何でこんな田園地帯に住宅がと訝ってしまいます。この住宅は寿小赤から寿台に
続く
ニュータウンで、村井駅へ徒歩30分と言うロケーション、ベッドタウンなのです。


やっと迷路を抜けて
F地点のニュータウン角までやって来ました。その少し先に宝蔵寺が
有ります。
宝蔵寺は延宝二年(1674)創建のお寺で、その参道に六地蔵と、元禄六年の
弥勒菩薩
が有りました。


この辺りから見る
常念岳2857m(左)横通岳2767m(中)・大天井岳2921m(右奥)は
目を見張るものがあります。毎日これらの山々を観て暮らせたら・・・とため息が出ます。


小池神社の前は同名の信号がある交差点で、結構交通量も多くなってきました。
森が涼しそうだったので、この神社で休憩することにしたのですが、信号まで来ると入る
ところが無く、ぐるっと鳥居まで回ってしまいました。ここで休まれる方は神社の手前
で左に入ると、短い距離で本殿前に出ることができます。憶えておきましょう。



 小池神社
 小池東の宮は「・・・・内田之大宮、同小池之大宮出置者也・・・
 天文十七年十月十四日(1548)」の信玄安堵状が南内田大宮
 八幡宮にあり、天文年間に既にあったことがわかる。明治四十
 二年に西の宮を合祀し、小池神社と改め乃木大将の題額の記 
 念碑を建てた。           寿地区景観整備委員会

 境内にはご神木の大銀杏があり、
 それには巨大なこぶがありました。
 あまりにも木陰が気持ち良かったので、
 住宅地の中にあった酒屋へ出向きビー
 ルを買ってきてしまいました。神前で酒
 はご法度ですが、トイレもあり、疲れ
 た旅人にご加護をお与え下さい。


酒屋は休みで、例の自動販売機があったので、早速免許証を挿入し買って見ました。
その酒屋へ向かう途中、
山の神石仏群に遭遇しました。ここには大神宮・御嶽山大権現・
馬頭観世音・秋葉妙義大権利現の碑が立ち並び、これから東の小池山道への入口と
言うことがうかがえます。小池神社交差点から東へ70mほど入った場所なので寄って見ましょう


小池神社交差点から170m進むと太い道は右へカーブし住宅地の中へと向かいますが
五千石街道は左にはずれ、
寿台西緑地公園を右に見て進みます。この公園にも
トイレがあるので、憶えておいて下さい。左の道をたどると、
たけしや南店があり、
その先には青い建物の洋食の店
自由亭があります。ここで食事も良いかもしれません。


少し行くと、こんな歩行者専用道路になってしまいました。なんでこんな立派な
道がと思っていると、道幅はどんどん狭くなり左側には寿小学校が、なるほど
それで通学時間だけ歩行者専用道路になるという訳です。右側には
二基の石碑が。


小学校の前へ行くと、右側に立派な学童施設「松本市寿放課後児童クラブ」があります。
ボクたちの学校にもありますが、こんな立派な施設ではなく、とても驚きました。
その先で道はT字路に突き当たりますので、ここは左に折れ、すぐ先にある交差点を
右折し、北へ向かいましょう。


交差点を右折し進む道は県道288号線になります。2分ほど進むと右側に面白い
自動販売機がありました。
青木さんちの新鮮たまごと書かれた販売機には
青木さんちの赤たまご(\250)から地鶏の桜卵(\250)、ジャンボたまご(\300、
お徳用小たまご(\300)、特選赤たまご(\550)と面白そうなたまごでいっぱいです。




交差点から220mの左側に正念寺があります。その手前には箱清水観世音菩薩の石碑、
中に入ると三界萬霊の石碑や、六地蔵が立ち並んでおります。寺の宗派が木食宗というのが
珍しく
正念寺は全国に多々あるのですが、浄土宗や浄土真宗、時宗などが多く、木食宗の
正念寺は他に見つかりません。どのような流れの宗派なのでしょう。また、この寺は明治六年
百瀬学校が本堂に開設され、翌年開盛学校となり、明治二十二年には寿村役場がここに
置かれ、明治四十五年に新しい役場が出来るまで使われました。