田園都市線と246の間を、鷺沼から荏田に向かいます。


旧246へ出て西へ進むと、右鷺沼駅という標識がある交差点を、鷺沼駅
方向へ真っ直ぐ進むよ。246が左にカーブしているから、右折が直進なんだ。
駅前道路に入ると最初の交差点角にあるのが、
フレルさぎ沼というショッピング
センターだよ。その角に緑の土嚢が積み上げられた場所がありました。
パパに聞いたら、ここには大きな
ケヤキの木が植わっていたんだけど、
2014年4月14日、ケヤキの枝が落下して下を歩いていた6歳の女の子の頭に
当たったんだ。女の子は急性硬膜下血腫で重傷を負ったんだって。
それで、そのケヤキの木を切った跡がここなんだ。女の子も可哀想だけど
大きく成長したのに手入れをしてもらえず、挙句の果ては切られちゃった
ケヤキの木も可哀想だとボクたちは思いました・
11時27分


ケヤキ跡を右に見て、そのままフレルさぎ沼に沿って進むと、右にフレルの
入り口があるよ。ここで横断歩道を渡って左の小径に入るのが旧大山街道
なんだけど、ママはフレルさぎ沼が見たくて中へ入っちゃった。
ボクたちがトイレに行っている間にママが行方不明、見ると雑貨屋さんに
入って
帽子を買っていました。そういえば今日は日差しが強くて、帽子を
忘れたママは、暑そうだったね。家政婦のミタみたいな帽子をゲットした
ママは、ご機嫌で進みます。フレルを出て歩道を渡り
みずほ銀行の角の
小径を246に向かって下ります。みずほ銀行の向かいには、茶色いビル
があって、そこには
珈琲悟郎という喫茶店があったんだって。パパは
そこで休んでマスターと昔話したかったみたいだけど、今は無かったよ。
マスターがこのページ見たらメールくださいってパパが言っていました。
11時43分

 
 
国道246に出たら、昔の大山街道はそのまま真っ直ぐ進むんだけど、
今は渡れないので、鷺沼二丁目の交差点まで進んで渡ります。
その間にあるのが、この
阿弥陀堂だよ。中には大きな阿弥陀如来と
小さなお地蔵様が並んでいました。後ろには元禄元年十二月と
彫られていて、そのころ病気が流行って、たくさんの子ども達が
亡くなったんだ。それを供養して、近くの植村さんの奥さんが建てたんだ。
11時44分


ここが、246の鷺沼二丁目交差点だよ。ここで国道を離れて左折しましょう。
左折すると、右側の銀杏並木の狭い歩道を登って行きます。過ぎ右手に
道標を兼ねた笠付きの
馬頭観音があるよ。右王禅寺、左大山道文化二年と
書かれているよ。昔はこの場所ではなく、王禅寺道との追分にあったんだ。
この辺は、東急が開発し、本当は斜めに進んでいた大山街道も今は宅地、
クランク・クランクで進みます。
11時52分


最初のクランクは、鷺沼二丁目交差点から200m、右へ入る3番目の
角を右折(写真左)しましょう。140m進んで、右前に
有馬さくら公園
現われたら左折(写真右)します。
11時56分


住宅地内のクランクは続きます。公園角を曲がったら、75m最初の交差点を
右折(写真左)、続いて66m進み最初の角を左折(写真中)、そのまま60m
進むと、旧道が現われるので真っ直ぐ進んでね。
11時59分

 
 
 
やっと旧道らしい道になりました。左手には緑が続きます。この緑は
これから行く植木屋さんの皆川園の植木畑や、みかん園、老人ホーム、
墓地などから成っているんだ。こんな住宅地の真ん中に約10haの土地が
緑なんて素晴らしいね。ボクたちも気持ちよく進みました。
12時00分


再び住宅地に入ると、変則的な交差点(写真左)に出るよ。ここは突き当たりを
左前方の道へ入ります。直ぐ左にminagawa-ennの石柱がある
皆川園があったら
正解だよ。皆川園の場所は昔、街道の馬の休憩所だった
立場があったんだ。
そして、この坂は
うとう坂と呼ばれていたんだよ。うとうといえば中山道の鵜沼に
うとう峠というのや、
塩の道山口のウトウ坂があったね。急坂をV字に切って
傾斜を緩やかにした場所なんだよ。ここも昔はそんな場所だったんだね。
12時10分


更に坂を下って行くと、正面にUR都市機構サントゥール中川のマンション群が
聳え立ちます。この坂は
、血流れ坂と呼ばれているんだ。新編武蔵風土記稿に
罪人の処刑場として紹介されているんだけど、血に見えたのは、関東ローム層
から染み出た鉄分の多い赤い水だっただよ。今は綺麗な住宅地だけど
昔の旅人は、恐れおののきながら、この坂を急いで下ったんだろうね。この
場所でT字路になるから、右の坂を下ってね。
12時14分


坂を下りきると、大きな道に突き当たり、真っ直ぐ進めないので右の
あすみが丘という信号で大きな道を渡って左へ戻り、右へ進むよ。
この道は、パパが羽田空港や成田空港へ車で行くときに良く通る
道で、新百合ヶ丘やたまプラーザからの空港リムジンも通る道だよ。
旧道に戻って、230m行くと頭上を横浜市営地下鉄の
ブルーライン
が走っていました。地下鉄なのに空を走ってるね。左に小さな公園が
あったので休憩しました。
12時28分


ブルーラインから240m進んだ、左側に不思議なもの発見。
案内板に
霊泉の滝と書いてあるよ。読むと、滝不動尊は、
、誠に霊験あらたかです。此の地域に雨の降らない時 雨乞い
すると必ず降りました 昔から喘息・百日咳・風ひきなど
お水を戴きながらお願いすると必ず治癒しました。滝壺等
汚さないでください 老馬鍛冶山不動尊
 って書いてあるよ。
こんなマンションと住宅地に囲まれた場所に、泉があるなんて
素晴らしいなぁと思いました。
12時31分


その先で街道は
早渕川に突き当たるよ。そのまま川に沿って左に進むよ。
川の中には、魚のほかにたくさんの生き物がいました。亀はミシシッピアカミミガメ
で、緑亀を大きくなって飼えないものだから、この川に放したんだね。ちょっと
見ただけでも5〜6匹いたよ。最後まで飼えない人は飼ってはダメだね。
他には鳩の大群や、生まれたばかりのカルガモもいたよ。
12時37分


川沿いに200m進むと右へ渡る橋があります。この橋は鍛冶橋
ここを渡ると、荏田宿なんだ。ママはカルガモの子供が気になって
いつまでも川面を見ていました。向こうの橋が渡って来た鍛冶橋だよ。
12時41分


表紙のページへ 前のページへ 次のページへ このページの地図へ