川崎市に入ると、多摩丘陵のアップダウンがボクたちを襲います。

第3日目 2014年5月4日

ゴールデンウィークは何処へ行っても人・人・人。
こんなときは、街道歩きが一番だよ。快晴の大山街道は
ボクたちの為にたっぷり楽しませてくれました。

朝食抜きで出発し、スタートの駅でハンバーガーがボクたちの定番。
武蔵溝ノ口駅南口に
モスバーガー発見。今頃サービスエリアでは
朝食も行列、でもこの店内には2組しかお客はいないよ。ゆっくり
食べて、さあ出発だよ。前回の終点、
南武線の踏切に戻ります。
9時38分

 

南武線武蔵溝ノ口駅南口、川崎第一ホテル前には、
濱田庄司生誕碑があったよ。


 「陶芸家 濱田庄司」生誕の地

 
第一回人間国宝・文化勲章受章者 濱田庄司は、ここで生まれました。
 父の家は溝口の和菓子「大和屋」です。
 「陶芸こそ人の役に立つこと」とのルノワールの言葉で陶芸作家板谷波山が 
 教える東京高等工業学校(現在の東京工業大学)窯業科に進み
 卒後は京都市窯業試験場で釉薬調合の実験に従事しました。
 河井寛次郎や柳宗悦、志賀直哉、バーナード・リーチと意気投合し
 帰国するリーチと共に英国セントアイブスに窯を構え、最先端の
 芸術運動に触れました。帰国後、栃木県益子で陶作に励み、
 世界各地の民芸品を収集し「益子参考館」に展示しました。
 夏は益子、冬は沖縄で作陶し、昭和53年1月5日益子にて84年の
 生涯を終えました。菩提寺の溝口宗隆寺で本葬され眠っています。
 碑意は「陶匠は跡を留めず」
                        高津観光協会・高津区役所
                        大山街道活性化推進協議会
                        贈呈 川崎西ロータリークラブ



 

その隣には、庚申塔と大山道標があったよ。これは村に悪い病気が入らないよう
建てられたんだ。東江戸道 西大山道って彫られて、下には庚申塔と分かる
見ざる・聞かざる・言わざるの三猿があるよ。珍しいタイプだね。高津区役所前の
通りを横断すると、道は細くなって丘に向かって登り坂が始まるよ。
右の写真に注目!初めてボクは
ママの背を抜きました。大きくなったでしょう。
9時40分


ねもじり坂は標高18mから41mを450mの距離で登ります。
多摩丘陵が始まったよ。名前の由来は分からないんだって。でも
この坂は昔はもっと急で、東京へ行きは野菜を積んで、帰りは下肥を
積んで帰ってくる農家の人たちはすごく苦労したんだ。そんな坂は
中原街道や津久井道にもあります。今では車ですいっと登ちゃうけど
ボクたちみたいに歩いて登ると、その辛さが少し分かるよ。
9時44分


ねもじり坂の頂上には、笹の原の子育て地蔵がありました。
昔、西国巡礼から戻った村人が、子を授かったお礼に立てたんだ。
今でも、子授けを願う人の姿がみえるんだって。
9時50分


真っ直ぐ旧道を進むと、
国道246号線に突き当たります。大山街道は
ずっと246に沿って進みます。瀬田の交差点以来だね。旧道は246を
横断歩道橋で、越えて行くよ。連休だけど国道は空いていました。
10時01分


歩道橋を降りて進むと、道はY字路になって分かれるよ。上の道標の
東名・馬絹と書いてある左の方向へと進みましょう。登戸へ行ってはダメだよ。
10時02分


左側に宮前生活環境事業所というゴミ収集車が停まっているところが
あってその右側に右斜めへ入る道があるけど、この道は
王禅寺道
言って津久井道へと向かう道なんだ。ボクたちは真っ直ぐ進みます。
10時09分


やがて街道(実は旧246なんだ)は、左へと下って馬絹交差点に向かうけど、
宮崎団地前という交差点を真っ直ぐ並木のある下り坂の方へ進んでください。
坂の途中右に宮崎テニスクラブを見て公園の所で左にカーブすると写真右の
交差点に出るので真っ直ぐ進みます。この辺りからアップダウンが激しいよ。
10時17分

 青い道が大山街道、でも宅地造成で道は消えました。ボクたちは赤い道を進みます。
 坂を登り、ここで右折  福祉ぱる前BSの先を左折  宮崎二葉幼稚園前通過
 東急アパートメント前通過  その先を左折し、次を右折  サンクスY字路を左へ下る

田園都市線の
宮前平駅が見えてきました。坂を下って駅で休憩だい。
10時30分


宮前平駅前には八幡神社があるよ。この神社の石段は旧土橋村と旧馬絹村に
分けられていて、ご神体も二つの村のものが祀られているんだよ。駅の下には
カフェモーツァルトがあったので、ケーキセットで休憩しました。
10時35分〜11時05分


駅の北側を進むと、尻手黒川線という大きな道路に出るので横断しましょう。
そのまま真っ直ぐ坂を登るのが大山街道なんだけど、旧道に忠実に進むには
一旦電車をくぐって右に進み、次の信号を左折して真っ直ぐの道に出るのが
こだわりなんだ。面倒臭い人は真っ直ぐ進んでもいいじゃん。
11時08分


急な坂道をドンドン登ってゆくと、左に小台公園が出てくるので、
公園の手前側で右へ曲がり、直ぐ左に斜めに入るのが旧道だよ。
坂を登りきったら、旧246に突き当たるから、右へ進みます。
11時23分

表紙のページへ 前のページへ 次のページへ このページの地図へ