桜新町は、空の広いサザエさんの街でした。

第2日目 2013年1月6日


お正月気分も抜けない1月6日、寒いけど青い空の下
今日は、三軒茶屋から溝の口まで歩きました。


三軒茶屋で街道は、世田谷通りと玉川通りに分かれるよ。その真ん中には
寛延二年に建てられた道標があって、そこが今日のスタート地点です。
碑には左相州通大山道・右富士、登戸、世田谷通と彫られているよ。
左の道が
新町・行善寺線、右の道が上町・慈眼寺線で、両方とも
大山街道なんだよ。上町線の方が古い大山街道で、新町線は新しく
出来て本道になったんだ。ボクたちは、新町線を行くことにしました。
何故ならば、上町線は津久井道でもあるので、大山街道が終わったら、
歩いてみたいと思っているからなんだ。じゃあ高速の下246の新町線に出発!
10時48分


玉川通りの左側を300m進むと、この旧道入口になります。
ここは
中里通りといって、530m旧大山街道が続くよ。少し行くと
左側に面白いお店を発見。飲み屋さんみたいだけど、お店の幅が
ドアの幅と同じくらい、細いんだ。中はどうなっているのか気になりました。
その先に右にあるのが、
伊勢丸稲荷大明神だよ、鳥居はこっち
向いているけど入れないよ。左側にある小径から入るんだけど
その小径は
蛇崩川があったところに蓋をした緑道だよ。蛇崩れは
砂利が崩れたからそんな名前になったんだ。
10時52分


佐武は、また面白いものを見つけたよ。明薬通り手前の菅沼輪業という
自転車屋さんのディスプレイの真っ赤な自転車だよ。瓢箪が一杯付いて
タイヤまで真っ赤な自転車です。その先の交差点は渡れないので、
一旦玉川通りへ出て、世田谷警察署前という信号を渡って、旧道に戻る
ことにしました。渡ったこの通り
明薬通りは、左に350m行ったところに
昔、明治薬科大学があったから、明薬通りというんだよ。その大学も
清瀬に引っ越して、今はマンションが建ってます。その奥には日大生物
資源科学部のキャンパスがあるけど、いつまでここにあるのかなぁ。
10時56分


道はいくらか登り坂になってきました。ここは小坂といって、また街道らしいものを
発見。民家の一角に
地蔵堂らしきものがあるんだけど、その敷地を避けて民家が
建っているんだ。駐車場にするとか部屋を増やすとかすれば良いと思うのに、
やっぱり昔からの地蔵堂が大切なんだね。そういえば東海道にもあったかな。
右側が開けて
ザ・パークハウス三軒茶屋タワーがそびえ立っていました。
佐武が気になったのは
ドミノピザのお持ち帰りの場合一枚買うと一枚おまけという
サービス。ママも驚いて、今度ピザを頼むときはお持ち帰りだ〜って叫んでました。
11時05分

 
 
ボクたちの足で15分で玉川通りへ戻ってきました。246の道路標識には
厚木と言う文字が出てきたよ。パパは昔246のそばに住んでたんだけど、
この辺の人は、国道246線のことを
ニーヨンロクって呼んでいるんだ。
青山通り、玉川通り、厚木街道って名前は変わるけど、結局ニーヨンロク
なんだって教えてくれました。
11時08分

 
上馬の交差点は、玉川通りと環七の立体交差だよ。環七はいつも渋滞して
いるんだけど、今日(一月六日)は車がいないってパパは驚いています。
新町が近づいてきたので、この上馬で玉川通りを横断して今度は右側を
歩くことにしました。すぐに
駒沢大学駅が現れました。東急田園都市線の
駅なんだけど、用賀から渋谷までは地下鉄なんだ。この部分は昔、
玉川線といって路面電車で、田園都市線は溝の口から大井町へ行って
たんだって、それが地下鉄の新玉川線になって、さらにこっちが田園都市
線になったんだよ。ボクたちもしばらくこの線に沿って進みます。
11時19分


赤坂御門から三宅坂まで680mだから、9.3km来たことになるね。
その先は駒沢交差点だよ。ここを左に入ったところが、
駒澤大学
その裏が
駒沢オリンピック公園です。1964年の東京オリンピックの
時は、サッカー・レスリング・ホッケーが行われたんだ。元々は駒沢
ゴルフ場だったんだけど、東急フライヤーズの本拠地にもなって
最後はオリンピック。2020年も東京に来るといいね。
11時27分


駒沢と新町の間で、庚申塚発見。こんな都心で大事にされている庚申塚見て
ボクたちはちょっと感激しました。きっと長くここに住んでいる人たちがいるんだなぁ。
厚木と用賀に分かれる道路標識が現れたら、そこが
新町です。大山街道は
ここで玉川通りと別れ、
右へ用賀方面へ進みます。
11時33分


Y字路を右に進んですぐ、大東京信用組合の駐車場に品川用水路跡碑を発見。
品川用水路は、玉川上水から分岐した用水路で最長のものでした。武蔵境で
分岐し、北品川まで流れていたんだよ、この辺りは、ボクたちが歩いた大山道
右側の歩道辺りが用水路だったんだ、戦前の地図には、しっかり載って
います。でも昭和20年代後半に埋め立てられたんだ。こうして碑を残して
置くって大切だね。現代、右側の歩道の下を流れているのは田園都市線です。
電車が通るたびに
凄い風が吹き上げて来るので、楽しくてしょうがありません。
そりゃマリリンモンローだってパパも喜んでくれました。
11時35分


桜神社は、お正月の初詣客や露天で賑わっています。ボクたちも旅の
安全を祈願してきたよ。神社って普通かなり古いけど、この神社は明治
時代に出来た新しい神社なんだ。正しくは古式神道本宮といって
伊勢神宮の筆頭禰宜であった芳村正秉が政府方針に危機感を抱き
古式神道を蘇らせるために明治十五年に建てたんだ。最初は神田に
あったけど、大正八年「西の方角へ直ちに移転せよ」という神託を
受けて、ここへ来たんだって。それで関東大震災や太平洋戦争の
災害からも免れたんだって。だから災難よけの神様として崇敬されてます。
桜新町駅前に着たら、いきなり
カツオくんとワカメちゃんが出迎えてくれたよ。
11時48分


桜新町は、サザエさんの街なんだ。ここから400m南へサザエさん通り行くと
長谷川町子美術館があるんだよ。この辺りがサザエさんの舞台なんだ。
今度は、サザエさんとタラオちゃん、マスオさんもいたよ。他にも波平、
カツオ、ワカメ、フネの像もあるよ。波平さんの髪の毛が取られたって事件が
あったけど、この日はちゃんと付いていました。
11時57分


桜新町から用賀までの旧道はちょっと難しいから間違わないようにね。



真っ直ぐ進むと用賀駅前だけど、写真左の
Y字路を右に下ってください。
Y字路が2つ連続であるけど、最初のY字路は進入禁止で、次のY字路が
一方通行入口になっていますので、そっちのY字路を進んでね。
下ってゆくと最初の小さな交差点の向こう側左の角に
大山道追分道標
あるから確認して、左折してください。ここが上町線と新町線の追分だよ。
進むと信号機のある交差点です。ここは真っ直ぐ路面が茶色いレンガの
大山通りへ入ってね。あとは道なりに真っ直ぐだよ。
12時23分

     
 
大山通りには、こんな台の街路灯が両側に立っているよ。その先には
世田谷ビジネススクエアの高層ビルが見えてきました。そのビルの
下が、東急田園都市線の
用賀駅です。駅前でお地蔵様になったボク。
12時30分

 
用賀駅前に大山通りから出てきたところが、左の写真。右はそこにあった
面白い看板だよ。住まい探しの情報館にはペンキを塗っているモニュメントが。


用賀駅のすぐ先が田中橋交差点で、上には新町で別れた首都高3号線が
通っています。ここを真っ直ぐくぐって、240m行くと右の写真、
延命地蔵
追分だよ。ここで再び大山街道は新旧別れます。右が古い
慈眼寺線、左が
新しい
行善寺線、ボクたちは新しい道を進んで、買い物したい目的地へ
向かうことにしました。
12時42分

表紙のページへ 前のページへ 次のページへ このページの地図へ