小金井一里塚は、両側が残る非常に立派な一里塚でした


ここが小金井一里塚です。旧日光街道は、我々が歩いて来た裏通りで、東の塚は
国道4号沿いにあります。この塚の間が本物の日光街道で、ここには平成九年に
行われた発掘の史料が記載されています。旧街道は3期に渡り存在し、一番古い
江戸時代の初期は、幅9mの砂利敷道路で現在の地表の80cm下にありました。
次は両側にU字溝が設けられ道幅も9.4mと広くなりました。明治以降に改修され
側溝は箱型になり道幅は5.7mと狭くなります。明治17年に現在の国道が開通
しましたが、その後も生活道路として昭和50年代まで使われました。この塚は
江戸から22番目の塚で86.4km来たことになりますが、我々の里程は89.2km。


少し進むと左側に慈眼寺金井神社が同じ境内に並びます。ここの銀杏も
見事な色を楽しませてくれます。この裏には、国分寺運動公園があり、
更に3kmほど後方の姿川と思川に挟まれた台地には
下野国分寺
ありました。天平13年に聖武天皇の詔により全国に建てられた寺の一つです。
思川の対岸には下野国庁跡や、付近には栃木県最大の前方後円墳である
琵琶塚古墳・摩利支天塚古墳があり、古代から下毛野氏の本拠地として栄えました。


この付近では珍しく、両側に旧家が目立つようになりました。
改修中のようで、古い家を大切にしていることが伺えます。

 
 
 
金井神社の先、小金井北交差点から240m進んだ右側には、下野市消防団
車庫と
公民館があります。その間へ入ってお堂の手前を右に行くと、上中両町
女人講中の
十九夜塔があります。その台座にも例の几号が刻まれていました。
公民館の裏には屋外
トイレもあるので、ここで休憩して行きましょう。

 
 
左側が開けてきました。正面にゴール付近の男体山(2486m)、その右が
大真名子山(2375m)、家の庇にかかった山が帝釈山(2455m)と
女峰山(2483m)
正面左には雪をかぶった上越国境の谷川岳なども見えました。

 
 
ここからは、右側の建物に注意して進みます。写真左の建物、
ギャラリー夢董・tea room nananを見つけたら国道左側にある
右の写真の場所で左の小径に入ります。ここから2200m国道と
分かれて旧道を行きます。

 
入って40m電信柱の先、植え込みに沿って畑の中の小径
進んでください。
パチンコ店の駐車場で舗装路に出ます。

 

本来はそのまま真っ直ぐ2km行くのですが、工事に行く手を
阻まれました。この先新庁舎造成の為全面
通行止とあります。
どうやら人間も歩けそうに無いので一部区間国道を歩きます。
国道の右側は東北本線
自治医大駅なので、下野市役所を
この一等地に移転するのでしょうか。移転後の日光街道は
中山道熊谷の八木橋デパートのように
市役所の中を通ってゆくことになると良いのですが。

 
 
 
造成地最後の場所で、日光街道と直角に道路を掘削した場所が
ありました。よく観ると遺跡が出てきたようで、
かまど跡のようなものや
旧街道の断面などがよく分かります。街道の下にかまどは無い
でしょうから、日光街道はもう少しずれていたのかもしれません。

 
 
県道183を横切ると両側が開けた道を歩きます。右の国道を
見ると松並木が続いています。もしや街道は国道かと思って
しまいますが、松は並木ではなく、防風林のように幅のある
林になっていて樹齢も新しいものでした。突き当りまで真っ直ぐ
進みます。

 
 
ここが突き当たりで、本来の日光街道は、まだまだ真っ直ぐ
進んでいましたが、いまは飛び地となって樹林帯です。
右に曲がって国道に出ます。角には
レストラン倉井が、
お腹も空いたので入ろうとしたら人気店なのか満席でした。

 
 
ここからは石橋駅まで国道歩きです。下石橋交差点では左側に広々とした
丸大食品関東工場があり、大きな観音像のようなものが建っていました。
旧日光街道は、この工場の敷地内を進んでいました。工場の向かいには
とんかつ合掌があります。昨日食べすぎで懲りたのでここは我慢です。

 
 
 
91kmの国道ポストを過ぎパチンコ店の前を国道右側を進むと、
大衆割烹二幸がありました。手打ち蕎麦うどんとあったので
今日の昼食はここに決めました。大盛りソバに天ぷらと
ビールでは、昨日とあまり変わりはないかな。

 
 
二幸の直ぐ先は、国道352号線との交差点、下石橋北で、立体交差を
くぐって直進します。今日のゴール石橋までは1440mです。

 
 
石橋宿には特に宿場を思い起こす史跡は見当たりませんが、本陣・脇本陣跡は
あります。左が脇本陣跡の
伊沢写真館、右が本陣跡の伊澤茶舗で、
共に国道の右側にあります。茶舗前の交差点
石橋が今回のゴールです。

 

国道を右折して240m、これが東北本線石橋駅です。石橋には
グリムの森というアメニティがあるので、グリム童話に出てくる
ブレーメンの音楽隊などを表したグリム時計台がありました。
その大きさと予想外の建物に度肝を抜かれました。

 
 
東北本線から東武に乗り換えて、またやってきました
北千住
この駅からですと、みなさん自宅駅まで直通があるので
打ち上げにはもってこいなのです。今回も銭湯に入って
街へと消えました。