山から下りてきたら暖かい心が待っていました。


第35日目 2004年9月18日 ここから平次4才

平均気温25.6℃ 最高気温32.0℃ 最低気温23.0℃ 平均湿度74% 風速2.5m/s 降水量1.5mm 日照時間3.4時間
気象庁電子閲覧室より引用


2004年の夏はとても暑い夏でしたね。本当は六月にここを歩く予定だったのに、
あまりの暑さで九月まで延期したけど、今日も30度を超え、もの凄い湿度です。
連休にゴールした
お地蔵様のある三角地は、JR鵜沼駅から700m。名鉄の新鵜沼
からだと900mのところです。今回ボクたちは中央高速経由で岐阜各務原ICで下りて
岐阜市内に入り、駅北口から3分の繊維問屋街にある旅館を拠点に中山道を
歩きました。今日もその旅館に車を置いて名鉄に乗って
新鵜沼まで来たんだよ。
お地蔵様の小径を270m進むとこの場所に出ます。ここからが鵜沼宿です。
9時44分
宿場の入口には、常夜灯や道標が立っていました。常夜灯は電信柱や外灯に
挟まれ寂しそう。道標には「ここは中山道鵜沼宿 これよりうとう峠」って書いてあるよ。
それとボクたちが立っている歩道を見てください。いろいろな形の石の板を敷き詰めた
石畳風の歩道がここから始まるよ。幅もバギーとボクが並んで歩けるほど広いよ。
ボクはママと並んで、お話をしながら歩くのが好きだから、こんな歩道が好きです。
山道で使ってきたジョギングストローラーも、電車の自動改札を通れないので、
今日からは、またカナダ製の赤いバギーが活躍することになりました。

9時47分
鵜沼宿には、あまり古い建物は残っていないんだ。昔、大きな地震があって
随分倒れちゃったんだって。そんな中でも、この
大安寺大橋の風景が街道っぽいよ。
この川を1250m右の上流へ上ると大安寺というお寺があるよ。奈良にある大安寺
きっと関係があるんだねとパパが教えてくれました。川を右に1600m下れば木曽川。

9時52分
脇本陣の坂井邸跡には、芭蕉の句碑が三つ建っていました。芭蕉は三回鵜沼に
やってきてこの坂井邸に泊まったんだって。いずれも1685年〜1688年のこと、
     「汲溜の水泡だつや蝉の声」
    「ふぐ汁も喰へば喰せよ菊の酒」
    「送られつ送りつ果ては木曽の秋」    
芭蕉は、よほどこの鵜沼が気に入ったのかな、それともいろいろなところへ行くのに
ここを通るのが便利だったのかなぁ。確かに山と川があって、良い町だとボクも思います。
大安寺大橋から、ボクの好きな
サークルKの前を通って533m進むと右側に階段があります。
その階段を登ると、目の前に
大きな池がありました。水面一杯に蓮の葉が茂っています。
もう花の季節は終わったらしく、黒くなった種子をいっぱい付けていたよ。花が咲く頃は
とても綺麗で、すごい眺めなんだろうなと思いました。みんなも夏に来たときは寄ってね。

10時23分
弘法堂の脇にあったお地蔵さんたちです。手前の大きなお地蔵さんの向こうに
紫の前掛けをした小さなお地蔵さんがたくさん並んでいるよ。
ちょっと面白い風景だったので、写真を撮りました。でも前を見てドンドン歩いて
いる人は見つからないと思うので、右を注意しながら進んでください。

10時27分
日本橋から400km
鵜沼宿の冨貴子おばちゃんを憶えていますか。宮ノ越宿でもやしの正体を教えて
くれたおばちゃんです。その後ボクたちの旅をず〜っと見守ってくれました。今日は
おじさんと一緒に車でボクたちを捜してくれたんだよ。後ろから「大河く〜ん」って
呼ばれてビックリしました。丁度このとき、パパは街道を外れ古墳を見に脇道に
入ったところで、よく捜せたなぁと感心しました。街道沿いに
都クリニックがあって
そこから左に入りすぐ右に曲がると131mで古墳があるよ。その途中での記念写真。
お土産までもらって、本当に有り難うございました。またボクたちを応援してください。
古墳は
坊の塚古墳と言って、全長137mの前方後円墳なんだ、岐阜県で2番目に大きな
古墳なんだよ。中山道とは関係ないけど、みんなも是非見た方が良いと思います。
10時48分
都クリニックから908mで国道21号線に合流します。更に884m行くと、
JR高山本線の上を歩道橋で越します。歩行者は国道を歩けないので
側道に入って歩道橋を渡ります。この辺からしばらくは国道を歩くので
ちょっと面白くないけど、いろいろなお店もあって便利です。

10時59分
この写真面白いでしょ。普通は小学校にあるはずの二宮金次郎の石像が
こんなところにあったよ。そして、その向こうの看板が笑っちゃいます。
学校と違って車がビュンビュン走っている国道の脇なので、金次郎さんも
ゆっくり本を読めないんじゃないかと、心配になったのはボクだけかなぁ。

11時11分
国道沿いにあった各務ヶ原駅です。お店も看板も全くないシンプルな駅に
驚きました。しかし駅のそばにはガストやサイゼリアといったファミレスがたくさん
あるから、この辺でお昼ご飯の人は便利です。国道を歩いていると右側に
時々
各務山が見え隠れします。でも山の西側は大きく削られ土が見えます。
その前に黄色いかっこいい車が止まっていたので思わずパパは撮しました。
12時00分
JR高山線を越えたところから、ほぼ一直線に2kmくらい国道は続きます。
その突き当たりに太陽を浴びて
金ぴかに輝く建物がず〜っと見えていましたが、
ボクはその建物が何なのかとても気になって歩いていました。やっとそばまで行って
何の建物か分かりました。この焼肉屋さんの屋根は真っ黄色の瓦でできていて
とっても光って、遠くからも目立ちます。ここで国道は左にカーブして三柿野の駅に向かいます。
12時15分
表紙へ 戻る 地図