長かった山岳地帯を抜けて再び平野が始まる。


ここは、耳神社だよ。変な神社だね。平次の右上にあるのはキリです。
キリって大工道具のキリ。耳が悪い人はこの
キリを借りて悪い耳にチクッて
やると治るんだって。そして本当に治ったら、その人の年の数だけキリを
持ってきてお供えするんだよ。10本とか8本のがあったからボクと同じ
年の子供も耳が悪かったんだね。ボクたちはみんな耳がよいからチクッて
やりませんでした。それから、和田峠の下で出てきた
天狗党ってお侍さんたちが
いましたが、みんな、もちろんここも通って京都へ向かったんだけど
この神社の旗を見て、敵の旗と勘違いして、みんな慌てて刀を
抜きながら、この神社の前を通ったんだって、疑心暗鬼っていう
四字熟語をお勉強しました。
14時06分
耳神社から120m行くと、右に入る道があるよ。そこから更にこの写真の
場所で、右に登ってね。そこで
タケノコを売っていました。ボクの家の
そばでも、よくこんな風にして野菜売ってるけどタケノコはありません。
買いたかったけど、重たくなるので残念でしたが諦めました。
14時27分
山道にはいると丸太で土を押さえた素敵な道になります。
こんな道は、中山道で初めてだね。珍しいからパパは写真を撮りました。

14時29分
ここが牛の鼻欠け坂、本当の名を西洞坂といいます。荷物を背に登ってくる
牛の鼻がすれて欠けてしまうほどの急な上り坂なんだよ。この坂道が実は今まで
長く歩いてきた
山間地域の終わりなんだよ。思えば横川の先から続いてきた
山また山の連続の道が、この坂をもってお終い。もの凄く寂しい気持ちに
なりました。パパが言うには、この先は京都まで舗装路の街の中の道。
今までのような山の中の道はもうないんだって・・・。
14時36分
早速、平らな舗装路になってしまいました。平次はそんなこと気にした
様子もなく、草むらの虫に夢中です。坂を下ってすぐ、道は田圃の中でクランクに
なってどんどん里へ向かいます。御嵩宿まであと3500mです。
14時38分
この、山の際の道を曲がると、本当に山の道は終わってしまいました。
向こうの角を曲がった途端、気持ちの良い風が吹いてきて山の神様が
ボクたちにお別れを言っているように感じました。人家の中のたんぼ道を
中山道の標識にしたがって何回か曲がってゆくと、その先はもう国道です。
その手前で、本当に久しぶりに
自動販売機を発見。ボクたちは今まで
空のペットボトルに水を追加しながらきたので、自動販売機の
ジュースは本当に美味しかったです。ママも久々のコーラで喜んでいたよ。
ボクたちがすっかり自動販売機の前に座り込んでしまったので車で来た
人が、ジュース買えなくてご免なさい。
15時02分
ここが国道21号線に出たところだよ。出てすぐにあるのが和泉式部の廟所
和泉式部って憶えていますか?
下諏訪の「かね」だよ。和泉式部は
佐賀県の杵島で生まれ、塩田郷で9才まで育ったというのが定説らしいのですが
ボクは、下諏訪のかなやき地蔵の話が好きです。だって中山道なんだもん。
京都で偉くなって、この御嵩で死んでいったなんて、なんかすご〜く中山道と
関係があって、ボクは心が痛くなりました。見た人も、見るのを忘れた人も
もう一度、かねのことを、ここをクリックして思い出してください。
15時09分
国道を1150m歩くと、御嵩宿の入口だよ。途中でこんな国道ポストを
よく撮ったけど、ここのポストには可児まで7kmって書いてありました。
田圃の中の広いところを進んでいったら、左の山の上に変なものを
見つけました。何だか分からなかったんだけど、御嵩駅に着いて
ホームにいた高校生にパパが質問したら、
展望台なんだって。珍しい
形の展望台だね。右は、御嵩宿に入ったところ、静かな街だよ。
15時30分
御嵩宿の中心地にあったのは、竹屋という商家です。立派な竹の犬矢来があって
京都の家みたいだってパパが言いました。犬矢来って何って聞いたら、
泥跳ね何かから壁を守るものというけど、本当は犬がおしっこを壁にかけるのを
防ぐものなんだと、京都の先斗町の旅館のおじさんから聞いたそうです。
15時41分
その隣にあるのが、本陣中山道みたけ館。パパは覗きたかったみたいだけど
ボクたちが飽きちゃうので、いつもの通り資料館は諦めて素通りです。
今度ゆっくり、パパとママの二人で来てください。
15時42分
古い家の軒下に、こんな木でできた常夜灯を見つけました。もちろん
古いものじゃ無いと思うけど、昔の雰囲気が出ていて素敵だと思いました。
そうこうしている内に、
今日のゴールの御嵩駅がやっと見えたよ。
今日はものすごくたくさん歩いたので、とても嬉しくなりました。
駅前で電車が来るまでアイスクリームを食べながら休みました。
でも、これからが大変でした。電車で恵那のしも川まで戻って、車に乗り換え
また、同じ道を高速に乗って可児まで戻ってきてホテルに泊まりました。
明日も、この御嵩駅から頑張るぞ!
15時45分
表紙へ 戻る 地図