大井が恵那市だと知らなかったのは、ボクたちだけ?。

茄子川はとっても小さな川、その橋を渡れば、そこは大井町。恵那市なのです。
もうボクたちの影も随分長く伸びて、夕方が近づいてきました。
ボクたちは、益々大きくなるトノサマガエルの声に聞き耳を立て探します。
川の向こうの
大きな石碑に中山道と彫ってあります。中山道って字をみると
ボクたちの歩いている道、間違っていないんだなぁと安心します。
大井の宿場、恵那駅はもうすぐそこ、長かった一日もやっと終わりに。
15時34分
茄子川を越えると、小さな広久手坂を登るよ。そして岡瀬の集落を抜けると
560mで、今度は
根津坂だよ。ここには根津神社や石仏もあります。ちょっと
した公園もあり、大井宿の絵を彫った大きな石碑があるよ。ここで休もうと
思ったけど、陽が当たって暑かったので、坂の頂上の木陰で休みました。
坂を下ると、
関戸一里塚跡が有りました。地図で見るとこの裏100mの
ところに大井第二小学校が有るんだけど、中山道に面していなかったから
寄りませんでした。今のボクたちは100m歩くのもやっとなの。
16時10分
大井宿の入口は、中央高速の橋を渡ります。ここは、恵那峡サービスエリアを
出て1900m、4番目の橋。そして恵那インターからは、2400m、3番目の橋なんだ。
今度、高速に乗ったときに見てみなくちゃ。この橋を渡ったら、大井宿300mの
標識がある階段を降りてね。中山道はこっちって書いてあるよ。階段は小さいけど
バギーで降りるのは大変だと、パパは嘆いていました。
16時16分
階段を降りると、右側に上宿の石仏群があります。平次は石仏やお地蔵様の
前を通るときには、必ずなんまいなんまいをするようにパパに教え込まれました。
石仏から100mで今度は、
明知鉄道の線路をくぐります。ボクの家の車では
通れないほど、低い所に線路が通っていました。電車が来たら下から覗こうと
待っていたけど、なかなか来そうもないので諦めました。
16時20分
 
 中山道大井宿 上宿石仏群

  昔の人は神仏に病気の治ることを祈ったり、村境に地蔵菩薩や塞神を立てて、病魔が
 村に入らないように願うことが多かった。
  ここは上宿で大井宿を一望できる位置である。そこで宿の人達はここを宿場外れとして
 数多くの石仏を立て、病気平癒とともに悪病や悪人の侵入を防ぎ、宿内の無事息災を
 祈ったのである。
  特にここにある痰切地蔵は「がいき(風邪)をひいたらたんきり地蔵さまを拝め」といい昔
 から多くの参拝者があった。
  一番左側に立つ碑の徳本は、紀州(和歌山県)日高で宝暦8年(1758)に生まれ、文化・
 文政(1804〜1830)の頃この地方に来て念仏教化を行い、多くの信者を得た高僧である。

                                    恵那市・恵那市教育委員会
線路を過ぎると、道はまた坂を下ります。この坂は五妙坂で高札場
有りました。下りきったところで上横橋を渡れば、もう大井の宿場の中。
枡形を行くと突き当たり左の角が
本陣跡です。この本陣は立派な門と塀
そして松の木が目印です。建物は昭和22年の火事で燃えちゃったよ。
16時25分
枡形がたくさんあるのも大井宿の特徴だよ。その途中にあったのはひし屋。
昔の庄屋の家で、今は中山道ひし屋資料館になっているから、時間のある人は
覗くと良いよ。夕方5時に終わっちゃうからボクたちは入れませんでした。
次にあったのが宿役人の家です。他にも白木改番所跡がマンションになったり
たくさん古い家が有ります。そんな古い家を見ながら6回枡形を進みます。

16時31分
ここ大井橋で、宿場は終わります。橋の欄干には広重の浮世絵が並んでます。
でもボクたちが興味を持ったのは、この
鯉のぼりたち。役目を終えたたくさんの
鯉のぼりたちが、やっと大井に着いたボクたちを歓迎してくれました。
もう足はガクガクで参った参ったとパパは言っていました。ボクはまだ歩けそうです。

16時35分
おもちゃ屋があったら、好きなもの買ってやるぞってパパが約束してくれたのですが
群馬の安中以来、ちっともおもちゃ屋が有りませんでしたが、ここで久しぶりに
見つけました。ボクはカード、平次は蛇のおもちゃを買ってもらいご機嫌です。
そして、
恵那駅の入口が今日のゴール。長い長い一日でした。これで家に帰るよ。
16時44分
表紙へ 戻る 地図