坂の途中に展開する宿場には平地にはない美しさを感じます。


とうとう、やってきたよ馬籠宿。ボクたちの今夜の宿場なんだ。宿場に入る前に
最初に現れるのが
高札場。ここから下り坂に沿って宿場が並んでいるんだよ。
ボクたちが今夜お世話になる馬籠茶屋は、宿場の真ん中。今日はそこまでを
紹介します。パパにとっては夜明け前の舞台となった感動の場所らしい。
ボクたちとは違った目で、いろいろ、あちこち見ていたよ。今日の行程が
短かったのも、わざわざこの宿場に泊まりたいからなんだよ。明日の朝
ボクたちがまだ寝ている間に、パパは一人でこの宿場を探検したいんだって。
和田宿の時も朝の散歩のページがあったけど、ここは気合いが入っていそうだよ。

16時14分
妻籠宿は、昼間だったから人がいっぱいいたけど、馬籠に着いた時は
もう夕方だったので、観光客も引き上げて、誰もいない静かな宿場に
戻っていました。舗装道路を渡ると、馬籠宿が始まるよ。道は石畳で
綺麗だよ。しかも真ん中の石が大きく平らなのでバギーで進むには
ちょうど良いってパパは誉めていました。少し下ってゆくと左に面白い
ものを見つけました。何かなと思って読んでみたら、
歌の好きな石臼
と言う藤村の童話でした。ちょっと面白い童話なのでみんなも読むと良いよ

16時18分
明治二十八年、大きな火事があって、この脇本陣は燃えちゃったんだよ。
そして今は、資料館になっています。その時に持ち出したものを展示して
あるから、興味のある人は入ると良いよ。夜明け前の資料になった馬籠宿
役人の記録や、青山半蔵の資料がいつも展示されているんだって。
パパが、この辺は特に半蔵・半蔵って言うから、ボクも大きくなったら
夜明け前、読んでみたくなっちゃった。
16時19分
ここがその半蔵の家だよ。半蔵の家は本陣なんだ。右の家は半蔵のお父さんが
宿場の仕事を半蔵に任せて、お母さんと一緒に暮らした部屋なんだよ。
パパは、とっても感激していました。なんでも中学生の頃、夜明け前読んだんだけど
すっかり忘れてしまって、この中山道にあわせてまた読んだんだって。
中学生で読んだ夜明け前と、パパになってから読んだ夜明け前は随分違うって
パパは感心していました。ボクは小学生だから良くわかんないけど・・・
16時22分
左は、本陣の中から見た大黒屋です。パパは半蔵の友達の・・・って
いろいろ言っていたけど、ボクは隣のおせんべいのお店が気になって
パパの話は、全く聞いていません。さぁみんなも、おせんべい食べに行こうよ。
見て見て、このおせんべい。ここで焼いているんだよ。あんまりいい臭いだったから
みんなで、一つづつ食べました。平次は上のり150円。ボクとパパとママは
ぬれおかき1串200円をいただきました。一つづつみんな食べたかったよ。
これがぬれおかきって、おせんべいで、スーパーで売ってるぬれせんって
いうおせんべいと、基本的に同じなんだけど、もっともっちりしていて、とても
おせんべいって感じじゃないんだ。パパは、昔お正月が終わって鏡開きで
鏡餅をハンマーで割って、油で揚げたてのところに醤油をかけたお餅を
思い出したと、喜んでいました。ボクたちが座っている
馬籠茶屋が今夜の
宿です。やっと苦しかった一日もこれでおしまい。夕ご飯が楽しみです。

16時31分
表紙へ 戻る 地図