本当はソバの花より、ソバキリが食べた〜い

  予告編でも使ってしまったこのショット。パパは割と気に入ってます。満開になった
 ソバの白い花に囲まれて進むボクたちはなかなかです。3人の男の子たちの成長って
 本当に早いものです。こうして一緒に歩けるのも後僅か。毎日を大切にしています。
 頑張って付いてきてくれた、ボクたちに感謝します。
そば切り発祥の里なんて看板があって、おいしそうなおそば屋さんがあったけど
お昼ご飯食べたばかりなので残念です。その隣にあったのが
古い石碑の行列。
道祖神・庚申塚・お地蔵さんがたくさん並んでいたよ。

13時44分
町はとても静かで、誰もいませんでした。道路の端っこには、きれいな水が流れている
水路があって、石けんが入った箱がありました。この板の上に乗って、靴なんか
洗うのかなって思いました。
本陣跡は明治天皇行在所の碑が建っていて
ちょっと街道から奥に入ったところにあります。

14時06分
斜交屋敷っていうのが初めて出てきたよ。街道沿いのおうちはみんな並んで
建っているんだけど、この町のおうちは、2m位ずれて建ってます。今は街道沿いに
三角の空き地ができるから車を止めるのに便利だけど、昔は何のために
こんな家にしたんだろうね。日当たりも関係なさそうだし、パパに聞いたら
江戸の徳川さんが京都から攻めてきた兵隊と戦うために隠れる場所を2m
作ったんじゃないって教えてくれました。本当かなぁ?

14時07分
本山宿は、この川口屋の周りだけが古い家があって中山道らしいけど
あとは誰もいない静かな町です。国道から入って1300mほど旧道は続くけど
ソバ畑に囲まれたのどかな所だよ。ボクは本当におそば屋さんに入りたかった。
ちゃんと考えてくれないと困るねパパ。ってママも言ってました。
国道と合流すると290mくらい線路と平行に進みます。谷もずいぶん狭くなって
その狭い場所に国道と線路が走ってます。今日は奈良井まで行ったら帰りは
この線路を電車で走って来るというので、ボクはこの景色を憶えておきました。
歩道もしっかり広くて、とても歩きやすい道だね。

14時14分
国道から右に入る道が現れたら入ってね。130m進むとここ、第2中仙道踏切です。
ここで線路をわたれば、そのまま日出塩の町に入ります。どこの町でも今日は
お祭りだね。「
神民和楽里」「山河秀麗地」って書いてある旗が町の入り口に
立っていました。パパはなるほどなるほどって納得していたけどボクには
何のことだかさっぱりわかりませんでした。

14時22分
今日のゴールは日出塩駅です。今日泊まる所は塩尻なので、ここから電車で
戻ります。といって駅へ行ったら次の電車は16時8分。今14時36分だから
1時間半も待たなくてはなりません。しかし街道沿いにバス停があったので
見てみたら15時40分の塩尻行きのバスがあったので、バスで戻ることにしました。
ボクたちはバス停のある長泉院の境内でたっぷり遊びました。
バスは「
すてっぷくん」といって、どこまで行っても100円均一だよ。
14時36分
表紙へ 戻る 次へ 地図