濱屋では、旅人のために休む場所を提供していただけます

ゴモラも表から見るとただの木にしか見えないよ,面白いね,
ここが松尾神社の入口,中まで行ってみようと思ったのだけどチョット
遠かったので,ここでご免なさい。ドリンクを飲んで最後の休憩をしたよ。
松尾神社について知りたい人は,右の看板をクリックしてください。
13時40分
ここが,長久保宿です。すごく急な坂ぞいに街があるんだよ。正面には大きな山。
中山道はあの突き当たりを右に直角に曲がっているんだよ。もう少し大きな街だと
思っていたんだけど,以外と小さくて予想外でした。でも見所はたくさんあるんだよ。

13時45分
最初に左側に現れるのが,この濱屋だよ。元々は旅館
だったんだけど,持っていた福永さんと黒沢さんが街の
ために寄付して,今はみんなの休憩所になっているよ
綺麗なお家で,中に入って休めるよ。ボクたちも靴を脱いで中を探検しました。
ず〜っと歩いてきたので,靴を脱いで裸足になって,冷たい床を歩くと気持ちいいよ。
2階には,昔のものがいろいろ展示してあるんだ。本とかは何が書いてあるか
分からないのでつまらないけど,ここには触って良い昔のものがたくさんあるから
ボクは興奮しちゃった。昔の手で押す
消防ポンプや,旅行する人が乗るかごが
あるよ。サリーを乗せてボクとパパで担いでみたけど,とても重くて歩けなかったよ
昔のおじさんは,これに大人の人を乗せて峠道を登ったんだから大変だったね

13時47分〜13時55分
この前,浦安のあきさんというおねえさんからメールをもらったんだ。その時
返事のメールに付けたのがこの写真。あきさんは今年の3月から中山道を
歩き始めて,もう岩村田まで歩いて来ちゃったんだって,すごく早くてビックリ。
でも,いつもボクたちのページを見て参考にしてくれているんだって,ありがとう
ボクたちは,佐武と平次がいるのであまり早く行けないけど,頑張ってね。
左が本陣の石合家,右がお酒を造っていた釜鳴屋だよ。両方とも濱屋のすぐそば
やっぱり急な坂道の途中にあるよ。中には入れないけど看板があったので見てね

13時59分
ここは,浜田屋旅館。今も旅館をやっているので,ここで泊まりたい人は便利だよ。
中山道は,ここで直角に左に曲がるんだよ。この写真では右の方へ進んでね。
ボクたちは,今回ここがゴールなんだ。ここでパパは芦田でメモしてきたタクシー
に携帯電話で連絡して迎えに来てもらったんだ。
望月ハイヤー芦田営業所から
10分くらいで来てくれるから便利だよ。使う人はこの番号だよ
(0267-56-1153)
14時00分
表紙へ 笠取峠へ 長久保2へ 地図へ