その2

下りは旧道伝いに桜の舞い散る長久保宿へ

日本橋から190km
松並木を抜けてから,こんな道をだらだらと1300mも登るんだよ。
だんだん後ろのお山が見えてきたり,山桜が綺麗だったりするけど
それよりボクには自動販売機が無いのが辛かったよ。でも,佐武を
押して登っているママは,もっと辛そうだったけど,ボクとサリーは
元気で歩きました。右の写真は途中にあった
一里塚の碑なんだ。
スピードを出した車がビュンビュン通るから向こうに渡る人は注意!

12時46分
この場所が,本当の笠取峠です。ここには何にもないけれど,ここからは
下り坂なので,ボクは一番嬉しかったんだ。パパは峠に行けば茶屋があるって
いっていたけど,何にもありません。みんなもボクが教えたからガッカリしないでね

12時59分
佐武と平次は寝ちゃったし,ボクものどが渇いたので左に入る道へ
少し行って
日陰があったからみんなで休憩しました。座るところも無い
けれど,日陰だけで休んだら,少し楽になりました。
坂を下り始めたら,峠の茶屋がありました。左側は学者村という別荘地の
入口で賑やかです。ボクたちは,この先を右に入る旧道があるから,そこを
進みます。これが本当の中山道だよ。この茶屋の場所で右側に渡らないと
間違って自動車の道を進んじゃうよ。みんな間違えないで入ってね

13時02分
右に入って道がこんな感じになったら正解だよ。右の高いところにチラホラ
別荘があるけど,車も来ない静かな道なんだ。昔はここが国道で,パパは
20年前に良くオートバイで走ったもんだと,懐かしがっていたよ。こんな
細い道に大きなトラックも走っていたんだって,昔は大変だったんだなぁ。

13時10分
これから向かう長久保の方を見下ろしています。前には国道が左から右へ
やはり長久保を目指して下っています。ボクたちの道は,この写真の右側で
国道に一旦合流します。正面の山の左の方が和田峠なんだって。

13時21分
合流して国道を歩いていたら,」こんな看板がありました。ずいぶん高い場所にいるんだなぁ
国道はチョットだけで,右の写真の場所で右の細い道に入って行きます。ここからは坂を
どんどん下って行きます。長久保も街までもう少しだよ,みんなも頑張ってね。

13時27分
山桜の綺麗な集落の中を下って行くと,ひときわ桜がたくさんあるところに出ます
これは松尾神社でその裏の方から中山道は降りてくるんだよ。道路は花びらで
いっぱい。歩いていても風で花びらが落ちてきて雪が降っているみたいだったよ。
長久保も街の入口に,街を守っているみたいな怪獣に見える木が立っていました。
桜の木と重なって見えるんだけど,頭に角が生えているみたいで
ウルトラマン
ゴモラみたいな形をしているから,とても面白いよ。平次もカイジュウカイジュウって
喜んでいました。ここから今日のゴールの長久保も街です。

13時37分
表紙へ 笠取峠へ 長久保へ 地図へ