中山道で現存する一番古い本陣の建物は、ここ芦田宿にありました

国道に合流してゆるやかな坂を下ってゆくと,右側がだんだん開けてきて
浅間山がとてもよく見える場所に出るよ。ず〜っと遠くまで畑だからとっても
眺めのいい場所なんだ。すぐ下には小川が流れていて,魚がいそうだよ。
みんな歩くの遅いから,ボクはここへ先に来て一人でのんびりしました。

9時48分
朝早かったので,まだ10時30分なんだけど,お腹が空いちゃった。って
思っていたら,丁度良いところにレストランがあったんだ。パパもこの先は
笠取峠の山道で,コンビニも無いし今日の目的地は近いからここで
ゆっくり食事してゆこうと言ってくれました。
レストランの名前は笠取です。
10時00分〜10時54分
特製ソースカツ丼 豪華エビフライ定食
とっても美味しかったからパパに写真撮ってもらいました。これはママとサリーの分で
ボクはおそばを食べました。そばもシコシコしてとても美味しかったんだ,
これでみんな元気が出たので,どんな山道でもがんばれると思うよ。
レストランは中居という交差点のそばで,そこからすぐに芦田の宿に
入ります。この街も昔の雰囲気がいっぱいの街だよ。今サリーちゃんが
いるところが
芦田宿の本陣なんだ。中を見学できるので入って見ようよ。
11時16分
芦田宿本陣は,土屋家住宅と言って,長野県の宝物になっているんだって
本陣の内,お客様が泊まる部屋を保存しているんだよ。これは1800年に作られた
建物で,中山道で今残っている建物の内一番古い建物なんだよ。看板はここ

11時17分
これが,中庭からみた土屋さんちのお客さんの家だよ。屋根の上に怪獣が
のっかっているんだよ。昔の人はすごい家を作ったんだね。ボクの家の
屋根にも,あんな怪獣があったらかっこいいと思いました。
このお家は,芦田中央と言う信号にある,藤田商店というおそば屋さんです。
蓼科そばを売っているよ。りっぱな家だけど昔は
脇本陣だったんだって。
右のお店は,味噌としょうゆを売っている
酢屋茂というお店です。
いまでも,昔ながらのおみそを売っていました。

11時20分
ゆるやかな坂の道を歩いて,宿場のはずれまで来ると金丸土屋旅館があるよ。
この旅館はいまでも営業しているから,ここで泊まりたい人には便利だよ。
右の写真の右の大きな家が旅館だよ。この写真はそこから来た道を振り返って
写しました。もうこれで芦田宿はおしまい。いよいよ笠取峠への道になります。

11時21分
表紙へ 茂田井へ 笠取峠へ 地図へ