国道から右に入ると,こんな静かな町並みになるよ。ここは百沢という集落で
300mだけ,旧中山道が残っています。途中の右側に下の写真の
道祖神
有るので,見逃さないでね。二組の道祖神がタンポポの中でボクたちを見守ってるよ.。
この道祖神は祝言道祖神といって,本場の安曇野に無い,珍しいタイプなんだって。

14時14分
日本橋から180km
百沢の旧道を抜けると,また国道を歩くよ。左手の景色が広がってとても
気持ち良い道だから,のんびり歩くといいよ。これから峠にむかってず〜っと
上り坂だから,ゆっくり行こうね。道路の向こう側に変なものを見つけました。
傾いているように思ったけど,坂の途中にあるから目の錯覚だったよ。
これは,屋根の付いた
バス停なんだ。どうしてバス停に屋根があるのかなぁ
バスが時間通り来ないから,いっぱい待つのかなぁ。

14時21分
国道を300m登って行くと,望月城はこっちという看板があるから,その道へ
入ってね。これからが瓜生坂の始まりだよ。左の写真がその入口,ここから
静かな畑の中の道を行くんだ。道路の脇の側溝には綺麗な水が流れていて
魚も住んでそうなので,サリーとボクは,一生懸命探しました。

14時43分
道は大きくUターンしながら,登って行きます。安全な道なので平次は
ママと一緒に歩いています。電信柱の下で歩いているのがそうだよ。
山桜も咲いている静かな道なので,気持ちがいいよ。ボクとサリーは
相変わらず,魚を探しに寄り道していたので,写っていません。

14時46分
坂の頂上のそばに,一里塚跡の碑があったよ。説明の看板を見たい人は
ここをクリックしてね。少し下ると,「史跡案内 中山道 道はここから土手を
斜めにくだっていた・」
と言う看板があるよ。右の写真の石仏から山桜の方へ
昔の中山道は,有ったらしいんだけど,今は土手とその向こうは畑で行けません。

14時52分
とても大きな石碑は瓜生坂の碑です。ちょっと木陰があったので一休み。
もう上り坂もおしまいで,ここから望月の町にむかってず〜っと下り坂だよ。
本当の中山道は,ここから左へ一直線に降りてゆくんだけど,今は道が
無くなっているので,自動車が走る道をボクたちは降りてゆきます。

14時59分
国道に出る直前で,中山道の看板にしたがって,右の細い道へ入ってね。
この坂は,長坂と言って昔の道だよ。降りきったところに,
長坂の馬頭観音
長坂の道祖神があるよ。望月の町はもうそこです。

15時10分
表紙へ 八幡へ 望月2へ 地図へ