予想していなかった素敵な宿場に感激

 信号を渡ると,小田井宿入口の標識があるから,よく分かります。
 少し進むと,左側に
観光客専用駐車場が有るよ。ここに大きな案内板が
 あるから,小田井宿の説明を良く読んでね。ここは東側の枡形で,皇女
 和宮さんがここでお昼ご飯を食べたから姫の宿とも呼ばれたんだって。
 案内板を読みたい人は,右の小さな案内板の写真をクリックすると読めます。

9時40分
この立派な松のあるお家が本陣だよ。今は安川さんという人のお家に
なっているんだけど,今から250年(1756)も前に建てられたんだって,
その後,和宮さんが来るというので,お風呂とトイレを直したんだって。
やっぱり,女の人が来るとなると気を使っちゃうんだね,昔の人も。

9時49分
左が本陣で,右が問屋跡だよ。右に左に古いお家がこんなたくさん残って
いる場所は,ここが初めてだよ。高いビルもないし,昔の中山道の宿場は
きっとこの町みたいだったんだね。宿場と本陣の説明はここだよ。

9時51分
問屋というと,何かを卸している問屋だと思ったら,宿場の役場なんだって,
お役人さんたちが交代で勤めていて,大名行列が来ると,本陣のパトロール
や,挨拶に行ったり,幕府の偉い人が来ると馬のお世話をしたりと大忙し。
そこで,年寄役と村長の名主に仕事を手伝ってもらっていたんだって。
今はとっても静かだけど,昔はこのお家の前で大騒ぎしていたんだろうね。
今度は,脇本陣跡だよ。その隣は,小田井宿の木の看板があるけど,
学習塾なんだよ。昔の形のお家が
学習塾だなんて面白いね。ボクの
お家の方の学習塾は駅前のビルの中にあるのが普通なんだよ。パパが
京都って町ではモスバーガーも,古いお家の中にあるんだって。それは
町の景観を大切にしているからなんだよ。不思議な町だね。

9時52分
学習塾の隣にとっても小さなお家が有ったので,中に入ったら椅子があるだけなんだ。
トイレでもないし,交番でもないし何だろうと思ったらバスを待っている人が休むところ
なんだって。これなら,北風が吹いても,雨が降っても大丈夫だね。

9時53分
表紙へ 御代田へ 小田井2へ 地図へ