小さな東京駅がある街

まだ4月だというのに今日はとても暑くて,コンビニがある度に飲み物を買って平次に飲ませないと
平次はのどが渇いたって大騒ぎするんだ,ボクだってチョット疲れちゃったから,

熊谷市玉井のセブンイレブンでアイス買ってもらって休憩さ,でもこの前みたいに
寒くて我慢できないより大丈夫だよ。コンビニの前は
麦畑で,今は青々しているけど
夏になると黄色くなって小麦粉が出来てボクの好きなパンになるよ。

13時48分
玉井で国道17号から県道264号へ入ると舗道のない道が熊谷市の間中続くよ。
14時37分
深谷市に入ってから古い中山道も歩道が出てきて歩きやすくなったよ。歩道にこんなに大きな
木が生えていたので,横を乳母車で通れるように歩道をうんと広くしたのかなぁ。
ここは東方って所だけど,ここからしばらくは並木道が続くよ。でも道路を広げるために
随分少なくなっちゃったんだって。深谷市の「ふるさとの並木道」という看板が有ったよ。

15時02分
原郷と言うところで国道17号を横切るんだけど,面白い信号を見つけたよ。
歩行者用の信号機の横に待ち時間と言うのがあって,歩行者用の信号が
青になるまでランプでカウントダウンするんだ。この写真は残りのランプが二つ
だから,もうすぐ青になるんだ。何時になったら青に変わるか分からない信号より
凄く良いとボクは思いました。我慢できなくて赤で渡ろうとする人もいなくなるよね。
国道を渡るとすぐに
昔の常夜灯があるから記念写真でも撮ると良いかもね。
15時18分
深谷の町に入って立派な古い家が多いので驚いた。左の家は日本式の入り口の向こうに
洋式のお屋敷があって手入れも素晴らしく立派な家だよ。右の石川屋さんの蔵も凄く立派な
蔵で,今では人が住んで使っているって感じがしたよ。何時までも残っているといいね。

15時25分
唐沢川を渡っていたら,下に綺麗な大きなサギがいて,良く見ていたら,あっという間に
魚をくわえていました。くちばしの間で10cmくらいの魚がピンピンはねていたんだ。
そっと見ていたらもう一匹捕まえるところを観れたよ。町の真ん中の川でこんなの
見たことがなかったから,面白くてしばらくみんなで見ていたんだ。菜の花も綺麗だったよ。

15時26分

深谷の町は,レンガで出来た家が他と比べて多い
と思いました。この家も真ん中は木造ですが,両側の
壁が立派なレンガで出来ていて格好良かったよ。
昔,東京駅や帝国ホテルで使ったレンガ工場がこの
町にあったんだって。
そんな話のサイト
今日の行程は,熊谷から深谷でした。
熊谷に取った宿に列車で帰るため,
深谷の駅に行って驚きましたよ。とても
駅とは思えないほど立派です。
何でも東京駅を模したデザインとのこと
表紙へ 熊谷へ 地図へ