地図をクリックで印刷用A4版PDFダウンロード

 
鶴川の上流方面鶴川より中央自動車道を望む
鶴川宿案内板のある休憩所水天宮の大ケヤキ

  
  鶴川宿

  鶴川宿は、正徳三年(1713)一村一宿にて宿場を構成しました。また天保十四年(1842)には
 戸数57戸人口295人、本陣1脇本陣2旅籠上3中3下2計8の小さな宿場でした。
 宿場に入り50メートル右手の家の前には「駒つなぎ石」、そして理法寺の入口には、萬霊等
 (天和6年-1785)・念仏供養塔(天和6年-1688)を見ることができます。少し進むと左手に、
 かつて馬宿であった若松屋が、北隣りには旅籠であった村田屋がありました。また、旅籠であ
 る街道をこえたところが、問屋柏屋であり近年まで屋号をついでいました。当時、間口24間
 (43メートル)奥行き18間(約32メートル)という大きな家で、上段の間があり脇本陣もつとめて
 いましたが、大正10年(1921)の大火で焼失したためどのような間取りであったかは不明です。 
 また、大椚に向かう途中にはかつて本陣がありました。
  また、江戸五街道の川越は、通常橋梁によるものでしたが、鶴川は甲州街道唯一の「増水時  
 徒渡し」でした。そのほか、鶴川周辺には当時の街道をしのばせる名残を見ることができます。

 ※「駒つなぎ石」は、現在は鶴川神社境内にあります。

      平成8年3月                          上野原町教育委員会


あまり気持ちの良さそうな河原が鶴川に広がっていたので、街道歩き
なんかやめて、昼寝がしたくなりました。昔、渡しがあった川は水量も少なく
ズボンをまくって渡れそうです。川を越えると右に
水天宮の大ケヤキがそびえ
その右には、申し訳程度の
休憩所がありました。折角ですので、ちょっと休憩。
そこには上野原町(まだ市になっていない)の
甲州街道鶴川宿案内板が。
道は右に登りながら宿場へと入って行きます。入口には二本の宿場の石標が
我々を迎えてくれました。宿場へ入ると一直線に集落が並びます。
左の
ゴミ集積所に面白いものを見つけました。掃除当番を表した名札です。
個人情報保護法のため、写真でお見せできないのが残念ですが、この街には
どうやら志村さん、和智さん、小沢さんが多いようです。この日の
当番は星野さんでした。


鶴川宿の見どころ「
駒つなぎ石」を探しに道標を頼りに鶴川神社へ寄ってみました。
短い階段と甘く見ていたら結構長く、息が上がって登った本殿には牛頭天王とあります。
隣の柱には祭典総理池田○○という大きな看板。いったいこれは何でしょう。
あまりに大きな看板に本殿も傾いているように感じます。やっと登ってきたのに
目的の石が見つからず、諦めて階段を下りて行くと中段の所に臼にしては穴が大きな
丸い石が二つ。きっとこれが
駒つなぎ石ではないでしょうか。


鶴川宿は、直線で300m余り。案内板では本陣、脇本陣、問屋場など街道の
オールスターが列挙されていましたが、現地にはそれらしい案内はなく、
いたって静かな普通の集落です。事前の調査でなかったのがコンビニの
ヤマザキYショップ。ここから鳥沢まで山間部の道になり、もちろんこれこそ
最後のコンビニとなります。知らなかった私たちは上野原警察隣で買い物を
済ませてきたので、ここは素通り。その先左側には立派な家屋が。
本陣
確かこの辺なので、この家がそうかも知れません。

2015年10月、旅人村田さんの情報によるとヤマザキYショップは閉店しました。
買い物は上野原で済ませてください。


左側最後の大きな家(本陣?)の先、マンション明鶴の向かいに、左折する小径が
あります。これが甲州街道で、枡形になって大椚へ向かいます。入って60mで車道に
突き当たりますが、これは現代の道、ここで上を見上げると、あの
廿三夜塔
ひっそりと斜面に見つかります。それからはUターンするように坂を登ります。


坂を上り始めると、眼下に先ほどの本陣らしき建物を見下ろすことができます。
そこで道は
Y字路になるので、右へ進みましょう。今度は右側の崖下に工場と
その向こうを走る野田尻への新しい道が見えます。カーブミラーのある左へ向かう
T字路の正面に
面白い蔵が有りました。長いこと街道歩きをやってますが
こんな蔵は初めてです。
大正ゴシック様式とでも言いましょうか、西洋風に
飾った蔵は、何故か甲州街道にマッチした雰囲気を醸し出していました。
やがて道は森の中へ入り、S字を描きながらの登りになります。そこにも
洒落たログハウスがあって、東京ナンバーの車が停まっています。きっと喧噪から
離れ静かな暮らしがしたかった人が住んでいるのだろうと、想像します。


現代の甲州街道とも言える
中央自動車道は、国道20号線やJR中央本線と大きく離れ
この日の行程である上野原〜鳥沢間は、旧甲州街道に沿って走ります。従って四方津と
梁川の二駅には行けず、上野原を出発したら鳥沢まで歩くしかないと考えてください。
S字に登った暗い森を抜け出すと、いきなり明るいこの風景となり、あっけにとられます。
旧甲州街道は正面の
歩道橋を渡ることになります。そこは東京方面から中央自動車道を
走ってきて鶴川大橋を渡り、談合坂SAまで2kmという標識の直後に現れる最初の橋です。
何度も何度もここを車で走っていましたが、この歩道橋が甲州街道とは今日知りました。
本当の街道はここから高速を斜めに横切り橋の対岸に向かって延びていたと想像できますが、
私たちは、真新しい側道を200mほど歩き横断歩道橋へ向かいます。


歩道橋を渡ったら、新しい切り通しの坂を真っ直ぐ進みます。坂が終わるところの左側に
駐車場があり新しい甲州街道の案内板が立っています。そこにはこの付近に
大椚の一里塚が有ったことを伝えています。マウスをクリックしてみてください。
大きな写真でその案内板をご覧いただけます。それによると一里塚が有った場所は
左の写真の切り通しの坂辺りになります。高速ができる前はもっと高い位置に道は
有ったのでしょう。更に進むと左側からこの風景には似合わないほど太い道が
合流します。その突き当たり、つまり街道の右には
ゴルフ場への案内板があり
納得しました。オリムピックカントリーへあと2kmと有ります。


相変わらず緩やかに登って行くと大椚の集落に入ります。右に廿三夜塔を見ながら進むと
左側には写真のような祠と石塔が現れます。そこには
大椚宿発祥の地と書かれていました。
もし大椚が宿場だとしたら、江戸以前の宿場であったのか、それとも鶴川宿、野田尻宿の
間の宿であったかも知れません。中山道には間の宿がかなりありましたが、ここは距離から
考えて不自然です。おそらく古い宿場と考えられますが、みなさんいかがでしょうか。
宿場の外れには小さな森があり、
吾妻神社があります。トイレと木陰は現代の旅人にも
ありがたい存在で、上野原町の甲州街道案内板を見ながら休憩にはもってこいの場所です。
境内には
大椚観音堂があり二体の仏像が安置されています。

 
 大椚観音堂仏像二躯

 郡内三十三観音二十四番札所、不動院行満寺の廃跡に建つ(建立年月不詳)。
 「百姓持ち本尊二体・大日如来・千手観音・左右に百番観音」と甲斐国誌に記す。
 御詠歌は「いづるより、いるそとなきや長峰の、しょうじせうやの大くのぎ堂」。
 慎み深い村人と旅人の思いを大樹と共に今に伝える。

 
大日如来坐像

 密教における宇宙の根本仏、仏の中の王者の地位にある如来。蓮華座の上に結跏
 趺坐、印相は法界定印で座禅の姿をとる。木造寄木造りで漆箔及び彩色が施してあ 
 る。眼は玉眼、顔や姿が整っていて美しい。頭には宝冠をいただいているが、印相が
 禅定印であることから、胎蔵界大日如来と伺える。明治二十三年、東京の仏師「吉
 見三慶」により修復されたとある。

 
千手観音菩薩坐像

 十一面千手千眼観自在菩薩といい、頭上に頂上仏など十一面をいただくほか、千
 の手を持ち、それぞれの掌に眼を持って照覧し、あまねく生きとせ生きるものを救
 う。非常に慈悲深く大悲観音とも呼ばれる変化観音。
  木造寄木造り、漆塗りの上に金箔を施す。眼は玉眼といいガラス質。合掌する二
 手に二十手を加え二十二手。一手で五十世界を救うことを表す。光背と台座の彩色
 は後のものである。

 平成十一年一月吉日             上野原町教育委員会




振り返って観音堂に別れを告げれは、街道はいよいよ峠に差し掛かります。
ここは標高355m。標高200mの鶴川から
155m登ってきました。