地図をクリックで印刷用A4版PDFダウンロード


 
前ページのやました生花は相模原市相模湖町で、260m登ると、小さな峠になり、
その峠を越えると藤野町に入ります。この辺りは国道から離れ、交通量のない静かな
街道歩きを楽しめる場所で、季節の良いときには、道ばたの草に腰を下ろし
お弁当を広げるには良い場所です。
これが甲州街道であるという、安心感を与えてくれるのはこんな道標を過ぎ、
道を回り込んでゆくと正面に
カラフルな家並みが現れました。
ここで街道は左に折れることになりますので、カラフルな家を覚えて置いてください。
そのカラフルな家の下にはボディーショップファミリーオートという板金屋さんが
あります。その先を左に降りる道が甲州街道、道は太く真っ直ぐなので
思わず赤い道をそのまま進んでしまいそうになりますが、見えにくい黄色の道を
探して左へ降りてゆきましょう。
220mほどで、橋が現れ、下を見ると中央自動車道の相模湖インター上空と分かります。
東京から来た車がインターを降りる分岐点の真上にある歩道橋が甲州街道だったのです。
ヤマユリの咲く道を、更に下って行きましょう。
高速道路を越え下ってきた道が右にカーブし、今度は左にカーブしますが、
その手前、こんな農道のような草の道が甲州道中。
畑へ入る道のようですが
この道が
観福寺を迂回する長い車道を避け、真っ直ぐ下る本来の道。
間違って車道を行っても260m長くなるだけですが、観福寺正面の道を
甲州街道と間違え下ってしまうと言う危険があります。
農道は120mで再び観福寺を回ってきた車道に合流します。
農道に入ってすぐ右下に
中央本線のトンネルが見えたら正解です。
車道に合流したら
右に進みます。
目の前に上下水道工事の小山設備がある道へ進みます。程なく石碑群が現れ
その一つに蚕影山と書かれた大きな石碑が見られます。
蚕影(こかげ)山は、
カイコの神で茨城県の蚕影大権現を祀ったものです。山地で水田による収穫が
乏しかったこの地方に養蚕が栄えたのは江戸中期以降、明治になると天秤棒で
生糸を担ぎ横浜まで出荷し、巨万の富を得たものもいるとか。そんな養蚕も
昭和50年代には廃れ、こうして当時の信仰の対象だけがひっそりと残ります。
続いて、手作り家具の工房
Do楽があります。趣味で作った家具を販売する店。
いろいろと面白い作品の家具が、写真でのカタログになって紹介されています。
先ほど見下ろしていた相模湖ローヤルを、今度は見上げる場所に来ました。
建物の後ろの道を我々は進んできたことが、この位置からよく分かります。
また歩道橋の上に、下を覗くと今度は相模湖インターからの道が国道へ合流する
交差点の真上に出たようです。休日には大渋滞するこの交差点も、こうして
見下ろすことは初めてなので、何とも不思議な感じがします。
最後の急坂を100mも下れば、国道20号の吉野へ出ます。もちろん、ここは右に曲がって下さい。
すぐ
セブンイレブンが出てくるので、休憩や飲み物でも飲んで資料館へ向かいましょう。
吉野大火の後、明治30年に建てられた旅籠「藤屋」が現在の藤野町郷土資料館です。
開館は、10時〜16時、月曜と木曜が休館日、是非時間を合わせ見学したい場所です。
国道を挟んだ資料館の向かい側は本陣跡です。本陣は江戸末期に計画され
明治9年に完成した
五層楼を含む壮大なもので、現存の土蔵を囲むようにして
建てられていました。しかし明治29年の吉野大火で焼失、唯一
土蔵だけが残りました。
吉野大火は暮れも押し詰まった12月29日19時30分に出火し、折からの強風に煽られ
瞬く間に全町を火の海と化しました。焼失家屋135戸、郵便局、村役場、小学校、
駐在所、病院と町の主要施設を焼き尽くす記録的な大火でした。
この模型は、明治10年頃の吉野宿を当時の写真・資料、土地の古老からの聞き取り調査
などで再現したものです。町並みはもちろん建物の細部に至っても忠実に再現されています。
吉野宿に続く関野宿へ向かう宿の出口には沢井川が流れ川面まで19mの高さと急流のため
川中に柱を建てることが出来ず、両側よりの刎出し木による難工事によって
小猿橋
架けられました。大月の猿橋に似ていることから名付けられたものです。
この小猿橋は10年ごとに板を葺き替え、20年ごとに架け替えるというお金のかかる橋で、
当初は全て公儀の費用で賄われていましたが、年々その費用が減少し、物価高も影響し
300〜500両のの赤字となってしまいました。そこで宿場の人々は費用捻出のため
飯盛旅籠の設置を願い出ることになったのです。
山深い吉野では、養蚕と炭焼きが現金収入の道でした。山の傾斜地に桑畑を開墾し
カイコを飼育し繭を生産しました。良質の繭は津久井の中野や上野原に売られ
川和織、甲斐絹として横浜や東京に出荷されました。また、商品にならない繭は
自宅で紡ぎ売らなければなりませんでした。そんな養蚕の道具は二階に展示してあり
群馬県の養蚕農家が母の実家であった私にとって、とても懐かしい想いが溢れます。
本陣側からふじ屋を眺めると、こうなります。その向こうは相模湖で夏は湖面からの
涼しい風が部屋を抜け、気持ちの良い旅籠だったと伝えられています。
小猿橋、新猿橋に続いて架けられたのは吉野橋。我々もこの橋を渡って関野へ向かいます。
吉野橋上から沢井川上流を眺めた写真。この辺りに新猿橋は有ったのでしょうか、
小猿橋への道も踏み跡程度に残っていますが、相模湖の水面が行く手を遮ります。
この湖水より、下に当時の街道は通っていました。橋を渡り
吉野ポンプ場の先、左に
中華料理の福龍が有るところを、右へ国道と離れ登って行くのが甲州街道。
入口右側は
日立の電気屋さんになっているから、目標としてください。
この旧道は
藤野中学校の前を通る420m程の短い旧道で、すぐ国道へ戻ってしまいます。
ガソリンスタンドのところで国道へ戻ったら、あとは藤野駅まで国道歩き。
日連入口交差点では青根・牧野への道を分け、藤野町役場前を過ぎればゴールは近い。
中央自動車道を走っていると良く目にする巨大なラブレター。
これは一体何だろうと、お悩みの諸氏も多いと思います。それではその正体を。
ここ藤野町は施策としてふるさと芸術村構想を掲げています。
それは、昭和19年の疎開に始まります。その疎開者には画家・美術評論家・小説家
オペラ歌手などの芸術家が多かった事が関係しました。
その一環としての屋外アートがこの高橋政行氏作「
緑のラブレター
金属造形のアーティストである氏は、現在も藤野町牧野に在住し、陶人形作家の
奥様と精力的な活動を繰り広げています。
そんな芸術に思いをはせていると藤野駅はもうすぐ。今日の旅はここで終わります。