地図をクリックで印刷用A4版PDFダウンロード

相模湖は終戦後の発展のため、京浜工業地帯へ電力と水を供給すべく
生まれた人造湖です。富士山麓の忍野八海を出発した桂川は、ここ相模湖へ
注ぎ、馬入川となって平塚の海へ流れます。
 
中央自動車道の相模湖東出口を過ぎて40m、国道から右上に登る旧道が
現れました。その真ん中には
旅館ひらのがありますが、余り目立たないので
注意してください。ここからは300mの登り、途中右へ入る太い道を覗けば
高速道路の料金所が眼下に見えます。ちょうどこの下には中央本線が
トンネルとなって右から左へ貫いています。
坂の頂上には塚本水道店があり、
右の土手には神奈川県の花である
ヤマユリが。
そう、小仏峠を越えたところからは神奈川県になります。
神奈川と言えば湘南や横浜と言うイメージがあり、
こんな山の中の街道があるとは!
地図でみると一番北の尖った頂点を横切る
ように甲州道中は走っています。
店を回り込むように緩やかな坂を下って行くと
眼下が開け、
トンネルからトンネルへと走る
中央本線が見えます。この間、たった50mしか顔を
出さないので、列車からはきっと街道は見えないでしょう。
トンネルの上では高所作業で工事が行われていました。
さて、登り坂を終え平らになった道を進んで行くと中丸という場所に出ます。
ここには
平野ハイツというアパートがあって目印となります。
アパートの前は変形の交差点になっていて、一瞬どちらへ進んで良いか
迷うところです。右へと向かう太い道を行かないで、
真っ直ぐ下る道
甲州道中、この中丸の道標を道の左側に見つけたら、そのまま真っ直ぐ進みます。
この階段が甲州道中のえんどう坂です。中丸から真っ直ぐ降りてきて
そのまま行くと200mあまりで国道へ出てしまいます。その坂の中程で右に降りる階段が
見えますので、Uターンするように階段を下りましょう。右の写真は振り返って
これからえんどう坂を降りるところです。
佐藤工務店を左にみて坂を下ってゆくと正面に中央本線の線路が見えてきます。
その向こうに見えるのは
相模湖駅です。明治34年与瀬駅として開業しましたが
昭和31年に相模湖駅と改称しました。もちろん相模湖への最寄り駅ですが
マイカーで訪れる人が多いせいか昇降客は1日平均3500人程と少し寂しい駅です。
14時24分甲府行き普通列車の向こうに新宿行きのあずさが見えます。
下りきったところから少し登り返すと、小さな交差点があり甲州道中与瀬下宿
道標が有ります。そのまま真っ直ぐ進めば国道へ出ます。正面に北相中学校ではなく
桂北小学校があれば道は間違っていません。逆から来た人にも分かるよう
入口には
小原宿への道標があります。ここからはしばらく国道歩きとなります。

相模湖駅前交差点に付きました。右へ曲がれば100mで駅です。左は相模湖畔を
経て相模原、厚木方面への道なので、高速から降りた車が、この交差点を右折しようと
いつも混む交差点ですが、今日はのんびりと街道歩きなので気楽なものです。
更に国道を5分ほど進むと郵便局に続いて
酒まんじゅうの光州屋が現れます。
古くから伝わる名物のまんじゅうを楽しみに来たのに、あいにくこの日はお休みでした。

ここ相模湖駅から笹子峠を抜けた甲斐大和駅までは、JR東日本八王子支社による
甲州古道ウォーキングスタンプラリーが2006年10月10日から始まりました。
主要駅に行くとこの小冊子が置いてあり、甲州街道の詳しい地図が掲載されています。
JRのサイトへ行くとダウンロードもできましたが、キャンペーンが終了しましたので、
こちらからダウンロードできるよう致しましたのでご利用下さい。
更に国道を3分。左側にセブンイレブンが見えたら右の坂道へ入ります。
その国道の曲がり角が与瀬本陣跡です。小原本陣と同じような広さがあり、往時を
忍ばせますが、中は現代的なお屋敷。ちょっと残念ですが、雰囲気は楽しめます。
石垣に囲まれた急坂を登って行きましょう。すぐY字路になり、その真ん中に
慈眼寺の石碑が現れます。ここは左に進みます。
すぐ隣には与瀬神社の大きな鳥居が現れ、その向こうに大きな階段が、
これは、慈眼寺と与瀬神社の参道を中央自動車道が横切ってしまったため
作られた大きな歩道橋です。元気な方は200m登って与瀬神社へどうぞ。
与瀬神社は、吉野山の蔵王権現を祀ってあることから権現様と親しまれています。
例大祭の御輿は、この急な階段を豪快に登ることで人気を集めています。
鳥居の前を進んで行くと300m程で、右の写真のように道が無くなってしまいます。
驚かず、そのまま石垣に向かって進んでください。左へ人が通れる歩道があります。
本来の甲州道中は、この中央自動車道の石垣を突っ切って真っ直ぐ進めました。
この角には
与瀬上宿の道標が右の草むらに隠れひっそりと建っています。
こんな所に道があったのか!と思わせる場所、中央自動車道と国道20号の真ん中に
現代の甲州道中はありました。先の階段を下りて、国道を進んで行くと、カーブの頂点に
ラーメン関所があり、ここには貝沢という甲州古道の碑があります。
本来の甲州街道はこのラーメン店の裏から沢を渡り山へ登ります。
ラーメン関所の裏を探してみても、まともに登る道は発見できなかったため
高速道路をくぐったところにある道へ進み、登って行きます。
すぐにもう一度高速道路をくぐります。本来の街道が右上にあることを感じながら
どんどん歩道を登りましょう。
左に石井モーターサービスをみたら、右から合流する小径に注目。
これが本来の甲州街道、青い矢印がそれです。我々の迂回路は赤い道を登ってきました。
高速道路より高いところへと登ってきました。眼下の高速道路の向こうには
相模湖が見えます。手前の建物は相模湖ローヤル、白い吊り橋が勝瀬橋です。
その昔の甲州街道には、与瀬・勝瀬の渡しがあったと伝えられていますが、共に
相模湖の湖底に沈んでしまいました。
なおも道は上り坂、左側に丸一産業神奈川工場の大きな建物が現れます。
こんな山の中に何の工場かと思ったら、弾性糸のメーカーで、パンストの糸を
作り、グンゼや東レ、アツギに下ろしているトップメーカーでした。
その先は小さな集落になっており、自動販売機があるのは
やました生花店
坂はまだまだ登り続けます。がんばれ!