地図をクリックで印刷用A4版PDFダウンロード
甲州街道2日目は下高井戸駅から出発です。下高井戸駅は、京王線と世田谷線が通り
なかなか便利な駅。商店街も賑わい住みやすそうな町。その駅から踏切を渡って125mで
甲州街道の出発地点です。まずはそのまま道の左側を進みますが、目的があり歩道橋を
越え、甲州街道の右側へと向かいます。休日の甲州街道は、車が少なく自転車が走ります。
今日の最初の見所は、この竹細工竹清堂です。昔は甲州街道沿いに30軒はあった
竹細工の店ですが、現在はこの竹清堂1軒だけが伝統を守っています。
創業は明治40年と看板にありますから、来年で100年と言うことになります。
店主の田中氏は、日本伝統工芸展などに数々の受賞歴があり今日も制作中。
店内にもある
竹のあかりは、欲しくなってしまう一品でした。
竹清堂の並びに店を構えるのは、若林煎餅店です。製造販売の店で草加煎餅を中心に
花鳥・東男・錦巻・大鬼と並んでいました。煎餅といっても随分種類が有るものです。
同じく右側を行くと覚蔵寺、宗源寺と寺が続きますが、その間の小径を130m入ると
玉川上水の緑道が続いています。大原交差点で地上に顔を出した玉川上水も、この辺り
下高井戸駅前から鎌倉街道入口までの1600mは緑道の散歩道になって、夏の日差しが
強い日などには街道ウォーカーにとっても味方になってくれそうですが、我々は街道に
少しこだわり、コンクリートの甲州街道を進みます。右の写真の宗源寺には不動堂があり、
かつて高台にあった不動堂が高井堂と呼ばれたのが
高井戸の起源とも言われています。
交差点「鎌倉街道入口」を過ぎると、頭上にうるさかった高速道路は右手へと去って行きます。
その下には江戸から四里の
一里塚跡がありました。国道20号の日本橋から16kmのポストと
重なるようにその案内板は立っています。案内によると実際に一里塚があった場所は
目の前の高速道路の下だとか、参勤交代でこの道を利用した大名は、
信州高嶋藩、高遠藩、飯田藩の三藩だけだったなどが記されています。
いよいよ高速の高架下の道とはお別れし、空の広い旧道へと入って行きます。
高速と別れ環八までの1kmは上北沢。不思議なことに下北沢とは遠く離れています。
その上北沢で目に付くのが中国料理店。店の前には
塔牌紹光加飯酒(紹興酒の塔牌)の
熟成用の甕が並びます。下高井戸は竹細工、ここは中国料理と町に特徴がありますが、
何故この辺りに中国料理店が集中したのかは分かりません。
頭上に大きな陸橋が現れたらそこが
環八との交差点、上高井戸1になります。
日本橋からちょうど17km歩いてきました。
高井戸陸橋から100m、道は国道20号を離れ、2.5km続く千歳烏山の旧道へと入ります。
向かいの小さな公園には
トイレがあるので、是非寄って行きましょう。中山道のような
山中を歩く場合と違い、街道筋ではなかなか用が足せないものです。出ても出なくても
トイレを見つけたら必ず寄る。それが街道歩きの基本ではないでしょうか。
いきなり現れた豪邸の前にまわると、なんと
卵の自動販売機。急に長閑になりました。
空も広いし、車も少なくなって、やっと街道らしくなってきたのが嬉しく感じます。
駅で言えば芦花公園駅付近の甲州街道沿いには不思議な町並みがあります。
ツタにからみつかれた旧家、三階から屋上へ上る階段が各家に付いた裏通り、大きな
マンションを背負った手作り家具屋さん、都心とは思えない造りの町屋、茶屋に小さな
商店街と、次から次へ面白い町並みが続きます。
突き当たりに「とらの門八幡山店」が見えると道は左にカーブし、警視庁成城警察署烏山下宿交番
前を通ります。この交番、もとは派出所か駐在所だったらしく、交番の字がやけに新しく、番の右側には
一字外した跡が残っていて、ほほえましいものがあります。交番から70m進むと左側に池にアヒルの
おもちゃが浮かんだ
千歳ホテルがあり、その隣がこの写真の大橋場跡になります。
大橋場の由来については、何か書いてあるようですが解読できませんでした。
付近の道路形状をみると、どうやらこの場所にはかつて川が流れていたように思われます。
大橋場跡の碑も橋の欄干をデザインしたものであることは間違えなさそうです。
どなたか由来の分かる方がいらっしゃいましたら、メールをお持ちいたします。
松葉通り入口交差点手前の右側には南烏山りんれい広場があります。
ここには
せたがや百景のプレートが旧甲州街道のことを話しかけていました。


 45 旧甲州街道の道筋

  南烏山から給田へとつづくこの道は、かつての甲州街道です。昔の街道筋を
 偲ばせる風景はほとんど残っていませんが、この道筋そのものが街道だったことを 
 忘れるわけにはいきません。道の由来を知れば、その時代、時代の道筋の風景を
 脳裏に浮かべることも出来ます。 


公園を後に230m行けば賑やかな千歳烏山駅前の交差点になります。
駅前の街道筋にはJAの農産物直売所があり、信州へ来たのかと錯覚するほど。
程なく道は左にカーブしつつ東京都営の
烏山住宅へと入り、緑が濃くなってきました。