高低図をクリックで印刷用A4版PDFダウンロード

日本橋から下諏訪までの高低を現しました。全長は210kmですが高さを強調して、その高低の激しさを感じてもらえると思います。
登りの合計は2600mmにもなり、山中湖から登る富士山に匹敵します。中山道も高低の多い街道ですが、甲州道中も負けていません。
小仏峠や笹子峠が印象的ですが、意外と辛いのが上野原から犬目宿への登りと、台ヶ原過ぎてだらだらと登る教来石です。
全体的には標高0mから800mへと旅しましたが、教来石付近では諏訪から日本橋へ向かわなかったことを後悔させられました。
図中の緑線は、中央自動車道のトンネルです。現代の街道はずいぶん高さを省略できるようになったことも分かります。